サマリウム は 原子 番号 何 番。 化学【5分でわかる】電子配置の書き方と一覧(周期表)

元素の一覧

サマリウム は 原子 番号 何 番

一覧 [ ]• 元素のに存在するの個数。 Sym:。 日本語名:ソートは50音順。 英語名:ソートはアルファベット順。 周期:周期表における(横列)。 族:周期表における(縦列)。 は「3L」は「3A」と表示。 原子量(u):と(u)。 ソートは原子量順。 英語名の由来:別途脚注が無い限り、『元素の話』附表(初版第12刷、)から。 電子配置図:電子の配置。 この図は実際のを反映していない。 下記は水素を1とした原子径、ソートにより原子径順に並ぶ。 001. 00 2 He Helium Helium 1 004. 002602(2) 場所:上に発見、: helios(太陽) 4. 674. 67 3 Li Lithium Lithium 1 006. 941(2) 他:から採取、: lithos(石) 5. 075. 012182(3) 鉱物: beryl 3. 703. 702. 0107(8) 性質:、: jval、: Carbo 2. 572. 472. 472. 9984032(5) 鉱物:、: fluorite 2. 402. 40 10 Ne Neon Neon 2 18 020. 1797(6) 他:「新しい」、: neos 5. 135. 13 11 Na Sodium Natrium 1 022. 206. 20 12 Mg Magnesium Magnesium 3 2 024. 3050(6) 鉱物: magnesia alba(ギリシアのマグネシア地区 ) 5. 335. 33 13 Al Aluminium Aluminium 3 13 026. 9815386(8) 鉱物: alum、古名:アルメンalimen 4. 774. 0855(3) 鉱物:、: silex, silicis(火打石) 3. 903. 673. 065(5) 他:: sulphurは語源不明。 : theion(燻らせる)の説も 3. 473. 453(2) 色:単体、: chloros() 3. 303. 30 18 Ar Argon Argon 3 18 039. 948(1) 性質:化合しない、: an ergon(働かない) 6. 276. 707. 70 20 Ca Calcium Calcium 4 2 040. 078(4) 鉱物: calcite 6. 576. 57 21 Sc Scandium Scandium 4 044. 955912(6) 場所:発見者・ニルソンの出身地・ 5. 435. 43 22 Ti Titanium Titanium 4 047. 867(1) 神話:地球最初の息子・ Titans 4. 834. 9415(1) 神話:スカンジナビアの神・ Vanadis 4. 374. 37 24 Cr Chromium Chromium 4 051. 9961(6) 色:化合物が多色、: chroma(色) 4. 174. 17 25 Mn Manganese Manganum 4 054. 938045(5) 鉱物:() magnes 3. 733. 845(2) 鉱物:鉱物の一般名詞、: aes、Feは: ferrumといわれる 4. 134. 13 27 Co Cobalt Cobaltum 4 058. 933195(5) 鉱石:コボルト、山の精・悪霊 Koboldから 4. 174. 17 28 Ni Nickel Niccolum 4 058. 6934(4) 性質:鉱石から銅が取れない、: nickl(取り得がない)、Kupfernickel(銅の悪魔) 4. 174. 546(3) 場所:古代の発掘地・、: Cuprum 4. 274. 38(2) 鉱物:亜鉛鉱石 zink、: zinke(尖ったもの)から 4. 434. 723(1) 場所:発見者・ボアボードラン出身国・の古名:gallia 4. 074. 64(1) 場所:発見者・ウィンクラー出身国・の古名:germania 4. 104. 92160(2) 鉱物:、: arsenihon 4. 034. 03 34 Se Selenium Selenium 4 16 078. 96(3) 性質:燃焼時にのように輝く、: selene(月)(女神・から ) 3. 903. 904(1) 性質:単体の、: bromos(悪臭) 3. 803. 80 36 Kr Krypton Krypton 4 18 083. 798(2) 性質:見つけにくかったこと、: chryptos(隠者) 6. 736. 73 37 Rb Rubidium Rubidium 5 1 085. 4678(3) 色:炎色反応が紅い、 8. 238. 23 38 Sr Strontium Strontium 5 2 087. 62(1) 場所:鉱物が採れた鉱山 Strontian(スコットランド) 7. 177. 90585(2) 場所:鉱物が発見された Yitterby() 5. 935. 305. 90638(2) 神話:タンタルと共存する(の娘・ Niobe) 4. 774. 77 42 Mo Molybdenum Molybdenum 5 6 095. 96(2) 性質:鉛に似ている、: molybdos(鉛) 4. 534. 53 43 Tc Technetium Technetium 5 7 [ 098. 9063] 性質:不安定な核種で、人工的に作られて発見された元素、: technikos(人工の) 4. 504. 50 44 Ru Ruthenium Ruthenium 5 8 101. 07(2) 場所:発見地・ Russe 4. 434. 43 45 Rh Rhodium Rhodium 5 9 102. 90550(2) 色:化合物のバラ色、: rodeos 4. 504. 42(1) 天体:同じ頃発見された小惑星・ pallas(女神・の別名から ) 4. 604. 804. 411(8) 鉱物:黄色鉱石、: kadmeia(神話の人物・の説も ) 4. 974. 97 49 In Indium Indium 5 13 114. 818(3) 色:炎色反応から、: indicum(青藍色) 5. 435. 710(7) 他:混同されていた合金、: stannum 4. 704. 70 51 Sb Antimony Stibium 5 15 121. 760(1) 性質:単独で発見しにくい 、鉱物: antimonium 4. 834. 83 52 Te Tellurium Tellurium 5 16 127. 60(3) 天体:、: tellus(女神・) 4. 574. 90447(3) 色:蒸気が色、: ioeides(色) 4. 434. 43 54 Xe Xenon Xenon 5 18 131. 293(6) 性質:揮発しにくさ 、: xenos(異邦人、みなれない ) 7. 207. 20 55 Cs Caesium Caesium 6 1 132. 9054519(2) 色:炎色反応から、: caesius() 8. 838. 327(7) 性質:: barys、鉱物:バライト(重い石) baryte 7. 237. 23 57 La Lanthanum Lanthanum 6 138. 90547(7) 性質:見つけにくかったこと、: Lanthanein(隠れている) ndnd 58 Ce Cerium Cerium 6 3L 140. 9151] 神話: ndnd 62 Sm Samarium Samarium 6 3L 150. 36(2) 鉱物:サマルスキー石 samarskite(は鉱物発見者の名 ) ndnd 63 Eu Europium Europium 6 3L 151. 25(3) 人物: 、含有鉱物ガドリン石gadliniteにも。 ndnd 65 Tb Terbium Terbium 6 3L 158. 500(1) 性質:難分離性、: dysprositos(近づきにくい、得がたい ) ndnd 67 Ho Holmium Holmium 6 3L 164. 93032(2) 場所:の古名:Holmia ndnd 68 Er Erbium Erbium 6 3L 167. 259(3) 場所:鉱物が発見されたイッテルビー(スウェーデン) ndnd 69 Tm Thulium Thulium 6 3L 168. 054(5) 場所:鉱物が発見されたイッテルビー(スウェーデン) ndnd 71 Lu Lutetium Lutetium 6 3L 174. 9668(1) 場所:発見地・の古名:ルテシア Lutetia ndnd 72 Hf Hafnium Hafnium 6 4 178. 49(2) 場所:発見地・の古名:Hafnia 5. 205. 20 73 Ta Tantalum Tantalum 6 5 180. 94788(2) 神話:酸に難溶な所から、: Tantalus(、渇きに苛まれる者) 4. 774. 77 74 W Tungsten Wolframium 6 6 183. 84(1) 鉱物:鉄マンガン重石、: wolframite(重い石) 4. 574. 57 75 Re Rhenium Rhenium 6 7 186. 207(1) 場所:発見地・ドイツの 4. 574. 57 76 Os Osmium Osmium 6 8 190. 23(3) 性質:化合物の臭さ、: osme(臭気) 4. 474. 47 77 Ir Iridium Iridium 6 9 192. 217(3) 色:化合物が様々な色、: iris(虹、女神・に因む ) 4. 534. 084(9) 性質:銀に似ている、: platina(銀の縮小名詞) 4. 634. 804. 59(2) 神話:(mercurius) 5. 005. 00 81 Tl Thallium Thallium 6 13 204. 3833(2) 色:炎色反応が鮮やかな緑、: thallus、: thallos (緑の小枝、女神が語源) 5. 675. 2(1) 他:語源不明瞭、: plumbum(鉛) 5. 835. 98040(1) 性質:易溶性、: wiss majaht(安息香のように溶けやすい)、古代ドイツ語:Wissmuth, Wismut 、: bisemutum(溶ける) 5. 205. 9824] 場所:発見者の出身地・ 5. 575. 57 85 At Astatine Astatum 6 17 [209. 0254] 性質:放射線を出す、: radi, radius(発射・放射する) ndnd 89 Ac Actinium Actinium 7 [227. 0278] 性質:放射線を放つ、: actis, aktinos(光線・放射線) ndnd 90 Th Thorium Thorium 7 3A 232. 0642] 天体:命名当時は海王星の1つ外側を公転する惑星だった Pluto ndnd 95 Am Americium Americium 7 3A [243. 0703] 場所:発見地・ ndnd 98 Cf Californium Californium 7 3A [251. 0796] 場所:発見地・ ndnd 99 Es Einsteinium Einsteinium 7 3A [252. 0951] 人名: ndnd 101 Md Mendelevium Mendelevium nd7 3A [258. 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 編集長:水谷仁『別冊周期表第2版』、、2010年。 Nomenclature of Inorganic Chemistry: IUPAC Recommendations 2005. prepared for publication by Neil G. Connelly, Ture Damhus et al.. 2005. 248-249. 2016年2月17日閲覧。 Nomenclature of Inorganic Chemistry: IUPAC Recommendations 2005. 出典2 [ ] 出典2は、注釈・出典内で提示されている「出典」を示している。

次の

元素の一覧

サマリウム は 原子 番号 何 番

電子殻(K殻,L殻,M殻,N殻…) でも解説したように、原子内では,原子核のまわりを原子番号に等しい数の電子が高速でまわっています。 これらの電子は,一定個数がグループをつくり,原子核のまわりをいくつかの軌道に分かれて運動しています。 この軌道の集まりを電子殻といいいます。 電子殻は 原子核に近いものから順にK殻,L殻,M殻,N殻,…とよばれます。 各電子殻に収容できる 電子の最大数は,K殻から順に2,8,18,32個,…と決まっています。 一般に, 内側から n番目の電子殻には最大2n 2個の電子が収容されます。 なぜK殻から始まるのか、その理由 ちなみに、なぜK,L,M,Nとアルファベット順なのにAから始まらないのでしょうか。 (もちろんこんなことテストには出ません) 結論は、 さらに内側の電子殻が発見された時のために、10個(A殻~J殻)ほどは余裕を残しておく必要があったから。 電子が飛び回る「電子殻」というのが発見された当時、その段階で一番内側のものを「A殻」と名付けてしまうと、それ以降にもしもさらに内側の電子殻が発見されてしまうと名称がややこしくなってしまう、とその当時の学者が考えたからです。 結局のところ、K殻よりも内側の電子殻は発見されていませんので、「A殻」と名付けていても問題なかったのでした。 ですが、今更変えると余計に混乱が生じるため現行のままとなっています。 原子番号1番のH(水素)から20番のCa(カルシウム)までの電子配置を以下に示します。 考え方を具体的に説明します。 例1)原子番号7番のN(窒素)の電子配置 窒素の原子番号は7なので、持っている電子の数は7個です。 K殻に入れることができる電子は2個までです。 STEP2 次に、1つ外側のL殻に5個の電子が入る。 これで窒素の持つ7個の電子全てが収まったので完成。 例1)原子番号20番のCa(カルシウム)の電子配置 カルシウムの原子番号は20なので、持っている電子の数は20個です。 K殻に入れることができる電子は2個までです。 STEP2 次に、1つ外側のL殻に8個の電子が入る。 L殻に入れることができる電子は8個までです。 STEP3 次に、1つ外側のM殻に 8個の電子が入る。 STEP4 N殻に2個の電子が入る。 これでカルシウムの持つ20個の電子全てが収まったので完成。 電子配置の一覧 電子配置はこのような手順で考えます。 原子番号1番のH(水素)から20番のCa(カルシウム)までの電子配置を以下に示します。 そして、各電子殻が最大数の電子で満たされた状態を 閉殻といい,このとき原子は非常に安定な 状態となります。 ArではM殻 定員18個 に8個の電子が入った状態となります。 このときの状態も閉殻と同じように安定で,この状態を オクテットであるといいます。 つまり、周期表の一番右に該当する 「希ガス(He,Ne,Ar,…)」は安定的で、他の原子と反応しません。 まとめ 灘・甲陽在籍生100名を超え、東大京大国公立医学部合格者を多数輩出する学習塾「スタディ・コラボ」の化学科講師より電子配置についての解説および一覧(周期表)を紹介しました。 しっかりと覚えておきましょう。

次の

元素の一覧

サマリウム は 原子 番号 何 番

一覧 [ ]• 元素のに存在するの個数。 Sym:。 日本語名:ソートは50音順。 英語名:ソートはアルファベット順。 周期:周期表における(横列)。 族:周期表における(縦列)。 は「3L」は「3A」と表示。 原子量(u):と(u)。 ソートは原子量順。 英語名の由来:別途脚注が無い限り、『元素の話』附表(初版第12刷、)から。 電子配置図:電子の配置。 この図は実際のを反映していない。 下記は水素を1とした原子径、ソートにより原子径順に並ぶ。 001. 00 2 He Helium Helium 1 004. 002602(2) 場所:上に発見、: helios(太陽) 4. 674. 67 3 Li Lithium Lithium 1 006. 941(2) 他:から採取、: lithos(石) 5. 075. 012182(3) 鉱物: beryl 3. 703. 702. 0107(8) 性質:、: jval、: Carbo 2. 572. 472. 472. 9984032(5) 鉱物:、: fluorite 2. 402. 40 10 Ne Neon Neon 2 18 020. 1797(6) 他:「新しい」、: neos 5. 135. 13 11 Na Sodium Natrium 1 022. 206. 20 12 Mg Magnesium Magnesium 3 2 024. 3050(6) 鉱物: magnesia alba(ギリシアのマグネシア地区 ) 5. 335. 33 13 Al Aluminium Aluminium 3 13 026. 9815386(8) 鉱物: alum、古名:アルメンalimen 4. 774. 0855(3) 鉱物:、: silex, silicis(火打石) 3. 903. 673. 065(5) 他:: sulphurは語源不明。 : theion(燻らせる)の説も 3. 473. 453(2) 色:単体、: chloros() 3. 303. 30 18 Ar Argon Argon 3 18 039. 948(1) 性質:化合しない、: an ergon(働かない) 6. 276. 707. 70 20 Ca Calcium Calcium 4 2 040. 078(4) 鉱物: calcite 6. 576. 57 21 Sc Scandium Scandium 4 044. 955912(6) 場所:発見者・ニルソンの出身地・ 5. 435. 43 22 Ti Titanium Titanium 4 047. 867(1) 神話:地球最初の息子・ Titans 4. 834. 9415(1) 神話:スカンジナビアの神・ Vanadis 4. 374. 37 24 Cr Chromium Chromium 4 051. 9961(6) 色:化合物が多色、: chroma(色) 4. 174. 17 25 Mn Manganese Manganum 4 054. 938045(5) 鉱物:() magnes 3. 733. 845(2) 鉱物:鉱物の一般名詞、: aes、Feは: ferrumといわれる 4. 134. 13 27 Co Cobalt Cobaltum 4 058. 933195(5) 鉱石:コボルト、山の精・悪霊 Koboldから 4. 174. 17 28 Ni Nickel Niccolum 4 058. 6934(4) 性質:鉱石から銅が取れない、: nickl(取り得がない)、Kupfernickel(銅の悪魔) 4. 174. 546(3) 場所:古代の発掘地・、: Cuprum 4. 274. 38(2) 鉱物:亜鉛鉱石 zink、: zinke(尖ったもの)から 4. 434. 723(1) 場所:発見者・ボアボードラン出身国・の古名:gallia 4. 074. 64(1) 場所:発見者・ウィンクラー出身国・の古名:germania 4. 104. 92160(2) 鉱物:、: arsenihon 4. 034. 03 34 Se Selenium Selenium 4 16 078. 96(3) 性質:燃焼時にのように輝く、: selene(月)(女神・から ) 3. 903. 904(1) 性質:単体の、: bromos(悪臭) 3. 803. 80 36 Kr Krypton Krypton 4 18 083. 798(2) 性質:見つけにくかったこと、: chryptos(隠者) 6. 736. 73 37 Rb Rubidium Rubidium 5 1 085. 4678(3) 色:炎色反応が紅い、 8. 238. 23 38 Sr Strontium Strontium 5 2 087. 62(1) 場所:鉱物が採れた鉱山 Strontian(スコットランド) 7. 177. 90585(2) 場所:鉱物が発見された Yitterby() 5. 935. 305. 90638(2) 神話:タンタルと共存する(の娘・ Niobe) 4. 774. 77 42 Mo Molybdenum Molybdenum 5 6 095. 96(2) 性質:鉛に似ている、: molybdos(鉛) 4. 534. 53 43 Tc Technetium Technetium 5 7 [ 098. 9063] 性質:不安定な核種で、人工的に作られて発見された元素、: technikos(人工の) 4. 504. 50 44 Ru Ruthenium Ruthenium 5 8 101. 07(2) 場所:発見地・ Russe 4. 434. 43 45 Rh Rhodium Rhodium 5 9 102. 90550(2) 色:化合物のバラ色、: rodeos 4. 504. 42(1) 天体:同じ頃発見された小惑星・ pallas(女神・の別名から ) 4. 604. 804. 411(8) 鉱物:黄色鉱石、: kadmeia(神話の人物・の説も ) 4. 974. 97 49 In Indium Indium 5 13 114. 818(3) 色:炎色反応から、: indicum(青藍色) 5. 435. 710(7) 他:混同されていた合金、: stannum 4. 704. 70 51 Sb Antimony Stibium 5 15 121. 760(1) 性質:単独で発見しにくい 、鉱物: antimonium 4. 834. 83 52 Te Tellurium Tellurium 5 16 127. 60(3) 天体:、: tellus(女神・) 4. 574. 90447(3) 色:蒸気が色、: ioeides(色) 4. 434. 43 54 Xe Xenon Xenon 5 18 131. 293(6) 性質:揮発しにくさ 、: xenos(異邦人、みなれない ) 7. 207. 20 55 Cs Caesium Caesium 6 1 132. 9054519(2) 色:炎色反応から、: caesius() 8. 838. 327(7) 性質:: barys、鉱物:バライト(重い石) baryte 7. 237. 23 57 La Lanthanum Lanthanum 6 138. 90547(7) 性質:見つけにくかったこと、: Lanthanein(隠れている) ndnd 58 Ce Cerium Cerium 6 3L 140. 9151] 神話: ndnd 62 Sm Samarium Samarium 6 3L 150. 36(2) 鉱物:サマルスキー石 samarskite(は鉱物発見者の名 ) ndnd 63 Eu Europium Europium 6 3L 151. 25(3) 人物: 、含有鉱物ガドリン石gadliniteにも。 ndnd 65 Tb Terbium Terbium 6 3L 158. 500(1) 性質:難分離性、: dysprositos(近づきにくい、得がたい ) ndnd 67 Ho Holmium Holmium 6 3L 164. 93032(2) 場所:の古名:Holmia ndnd 68 Er Erbium Erbium 6 3L 167. 259(3) 場所:鉱物が発見されたイッテルビー(スウェーデン) ndnd 69 Tm Thulium Thulium 6 3L 168. 054(5) 場所:鉱物が発見されたイッテルビー(スウェーデン) ndnd 71 Lu Lutetium Lutetium 6 3L 174. 9668(1) 場所:発見地・の古名:ルテシア Lutetia ndnd 72 Hf Hafnium Hafnium 6 4 178. 49(2) 場所:発見地・の古名:Hafnia 5. 205. 20 73 Ta Tantalum Tantalum 6 5 180. 94788(2) 神話:酸に難溶な所から、: Tantalus(、渇きに苛まれる者) 4. 774. 77 74 W Tungsten Wolframium 6 6 183. 84(1) 鉱物:鉄マンガン重石、: wolframite(重い石) 4. 574. 57 75 Re Rhenium Rhenium 6 7 186. 207(1) 場所:発見地・ドイツの 4. 574. 57 76 Os Osmium Osmium 6 8 190. 23(3) 性質:化合物の臭さ、: osme(臭気) 4. 474. 47 77 Ir Iridium Iridium 6 9 192. 217(3) 色:化合物が様々な色、: iris(虹、女神・に因む ) 4. 534. 084(9) 性質:銀に似ている、: platina(銀の縮小名詞) 4. 634. 804. 59(2) 神話:(mercurius) 5. 005. 00 81 Tl Thallium Thallium 6 13 204. 3833(2) 色:炎色反応が鮮やかな緑、: thallus、: thallos (緑の小枝、女神が語源) 5. 675. 2(1) 他:語源不明瞭、: plumbum(鉛) 5. 835. 98040(1) 性質:易溶性、: wiss majaht(安息香のように溶けやすい)、古代ドイツ語:Wissmuth, Wismut 、: bisemutum(溶ける) 5. 205. 9824] 場所:発見者の出身地・ 5. 575. 57 85 At Astatine Astatum 6 17 [209. 0254] 性質:放射線を出す、: radi, radius(発射・放射する) ndnd 89 Ac Actinium Actinium 7 [227. 0278] 性質:放射線を放つ、: actis, aktinos(光線・放射線) ndnd 90 Th Thorium Thorium 7 3A 232. 0642] 天体:命名当時は海王星の1つ外側を公転する惑星だった Pluto ndnd 95 Am Americium Americium 7 3A [243. 0703] 場所:発見地・ ndnd 98 Cf Californium Californium 7 3A [251. 0796] 場所:発見地・ ndnd 99 Es Einsteinium Einsteinium 7 3A [252. 0951] 人名: ndnd 101 Md Mendelevium Mendelevium nd7 3A [258. 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 編集長:水谷仁『別冊周期表第2版』、、2010年。 Nomenclature of Inorganic Chemistry: IUPAC Recommendations 2005. prepared for publication by Neil G. Connelly, Ture Damhus et al.. 2005. 248-249. 2016年2月17日閲覧。 Nomenclature of Inorganic Chemistry: IUPAC Recommendations 2005. 出典2 [ ] 出典2は、注釈・出典内で提示されている「出典」を示している。

次の