東京 電力 カスタマーセンター。 東京電力へ電話がつながらない!繋がる時間帯はいったいいつ?

東京電力へ電話がつながらない!繋がる時間帯はいったいいつ?

東京 電力 カスタマーセンター

コールセンターの仕事についてです。 電力会社のコールセンターの求人を見つけたのですが、応募しようかどうか迷っています。 業務内容は引っ越しの手続きや電気に関するお問い合わせ(受信のみ)、時給は1000円以上で研修期間は二ヶ月半。 以前、インターネット関連のコールセンターに勤めていたのですが、主にクレーム対応の部署だったので1年で辞めてしまいました。 その点、引っ越しの手続きなどであれば簡単そう?なのですが、研修期間が長いのが気になります。 また、TV通販の受信オペレーターの求人も見つけたのですが、こちらは電力会社よりも時給は安めで、研修期間は2週間程度です。 業務内容的にはどちらがおすすめでしょうか。 確かに引っ越しの手続きの電話多いです。 が、引っ越しシーズンを過ぎれば、「電気に関する問い合わせ」の電話も多いです。 電気に関する問い合わせ? 一言では言い表せません(笑) 料金から原発の話まで、ほんと幅広いですよ。 二ヶ月半の研修でも、全部覚えられる人少ないのでは? 問い合わせと言っても、本当に問い合わせの電話もきますが、クレームの電話もバンバンかかってきますよ。 クレーム対応の部署なんかなくて、誰がどんな内容の電話を取るか、話してみるまでのお楽しみです。 時給が高いのはワケがあると思います。 が、仕事をし始めると、これだけの時給?って思いますよ。 今は、電力系のお仕事は風当たりキツイからね~・・・。

次の

📞東京電力:カスタマーセンター・問い合わせ電話番号(電話番号は当サイト下部に地域別・要件別に掲載しています)

東京 電力 カスタマーセンター

なお、これまでの料金・使用量は「でんき家計簿」でご覧いただけます。 他社サービスとのID・パスワードの使い回しや、第三者が容易に推測できるパスワードの設定を行わないようご注意ください。 ご利用規約はよりご確認ください。 ご利用規約はよりご確認ください。 [カスタマーセンター電話番号] 電話番号はをご確認ください。 [受付時間] 月〜土曜日(休祝日をのぞく)9時00分〜17時00分 なお、当社ホームページからも各種ご契約のお手続きを24時間受付しております。 ぜひ、からご利用ください。 今回の変更で新たなお手続きは発生いたしません。 詳しくはをご確認ください。 お客さまにご迷惑をおかけしておりますことを、心よりお詫び申し上げます。 以後、再発防止を徹底いたします。 引き続き、お客さまのお役に立てる情報をお届けできるように努めてまいります。 今後とも、ご愛顧いただきますよう、よろしく申し上げます。 詳しくは。

次の

お問い合わせ|東京電力パワーグリッド株式会社

東京 電力 カスタマーセンター

スマートメーターの普及で入居前に電気使用の手続きをしないと、当日電気が使えない可能性もありえます。 時間に余裕をもって東京電力のカスタマーセンターにお電話を。 お引越しなどの時の電気使用開始の手続きは、電話もしくはオンラインフォームで行うことが可能です。 最近は、スマートメーターの普及により、事前に電気の使用の申し込みをしておかないと当日電気が使えないということがあります。 電気を滞りなく使用したい場合は、東京電力もしくはお使いの電力会社へ時間に余裕を持って申し込みを行いましょう。 電気の使用開始に必要な情報• 住所(今の住所と引越し先の住所)• 契約者の名前• 東京電力のお客様番号(検針票に記載されています。 インターネットで申し込む場合は必須。 引っ越し日時• 引っ越し先住所• 支払い方法(クレジットカード・口座振替) 東京電力エリアでは、他にも新しい電力会社を選ぶことが可能です。 もっと安い電気料金があるかもしれません。 電話で簡単。 電気料金全般にに関する問い合わせ• 契約内容の変更(・)• を調べたい場合。 (東京電力から他の電力会社に切り替える場合)• 電力需給の見通し・節電• その他の電気に関わる用件 東京電力カスタマーセンター受付時間 東京電力カスタマーセンターの受付時間(共通) 月曜日〜土曜日(休祝日を除く)9:00〜17:00となっています。 現在、東京電力の電話は全体的につながりにくい状態です。 電気使用開始の申し込みは、東京電力のホームページでも手続きが可能です。 電話のつながりにくい時間帯 東京電力のコールセンターは特に、月曜や休日明けは終日、また、平日でも9時~10時、12時~13時、16時~17時の時間帯がつながりにくくなっています。 どうしても電話での連絡が必要な場合は、この時間帯を避けて電話をしましょう。 東京電力パワーグリッド(停電・緊急時問い合わせ先) フリーダイヤル 0120-995-007 フリーダイヤルを利用できない場合 03-6375-9803(有料) 受付時間:平日9:00~17:00(日・祝日、年末年始を除く)ただし、停電など緊急時は24時間受付 どこの地域でも共通の電話番号となっています。 東京電力パワーグリッドでは電話以外にもウェブサイトで停電や送配電に関する情報を公開しています。 東京電力エリアでは、他にも新しい電力会社を選ぶことが可能です。 もっと安い電気料金があるかもしれません。 東京電力の新料金プランへの問い合わせ番号 以降の東京電力の新しい電気料金に関する問い合わせは、専用番号: 0120-995-333に電話をします。 受付時間は、(平日)9:00~20:00 / (土・日・休・祝日)9:00~17:00となっています。 引っ越し先でも東京電力の電気を申し込みたい場合は、使用停止と使用開始の手続きが一続きで行うことができます。 東京電力のホームページ上のフォームで手続きが可能なものもたくさんあります。 以下の一覧で確認することが可能です。 引っ越しに伴う電気の停止と開通の場合、引っ越し先でもの電気契約を希望する場合は、インターネットでの手続きが可能です。 ただし、 東京電力のお客様番号が不明な場合は、電話での対応のみになりますので注意してください。 (お客様番号は検針票に記載してあります。 )もちろん引っ越し先の住所も必要なので手元にご準備をお忘れなく。 一方、国外に引っ越す場合はインターネットではできません。 電話での続きが必要になります。 さらにとを行う場合もインターネットではなく 東京電力のカスタマーセンターに電話しなくてはなりません。 東京電力に連絡する場合 インターネットで可能な手続き 電話でしかできない手続き• 電気契約の申し込み(開通手続き):引っ越し先でも 東京電力の電気料金を引き続き契約する場合• 電気契約の停止手続き:引っ越し先でも東京電力の電気料金を引き続き契約する場合• (新たに東京電力以外の電力会社と契約をするにあたって 東京電力との契約を解約したい場合は東京電力への連絡は不要です。 家の解体で電気設備そのものを撤去する場合。 お客様番号が分からない場合。 海外に引っ越す場合。 停電の場合。 (東京電力パワーグリッドに連絡する。 ) まとめ:東京電力への問合せ このページでは東京電力への問合せについて解説しました。 改めて情報をまとめてみます。 まとめ:東京電力への問合せ・電話連絡について 東京電力への問合せは電話、もしくは公式サイトから連絡することができます。 東京電力への電話連絡は混み合っており繋がりにくい場合があります。 特に引越しシーズンや休日明け・月曜日などは繋がりにくいです。 東京電力への問合せ番号は地域・用件によって異なります。 停電や送配電に関する連絡・問い合わせは東京電力パワーグリッドに連絡する必要があります。 東京電力では電話でしかできない手続きがあります。 (アンペア数の変更、家の解体に伴う工事、お客様番号が不明な場合、海外に引っ越す場合) よくある質問一覧(東京電力への問合せ) 以下に、東京電力への問合せに関するよくある質問をまとめました。 よくある質問一覧(東京電力への問合せ) 質問1:東京電力のカスタマーセンターで受け付けている内容は? 回答1 東京電力のカスタマーセンターでは以下の内容について受け付けています。 電気料金全般にに関する問い合わせ• 契約内容の変更(アンペア変更・名義変更)• 供給地点特定番号を調べたい場合。 (東京電力から他の電力会社に切り替える場合)• 引っ越しの手続き(電気の使用開始・停止)• 電力需給の見通し・節電• その他の電気に関わる用件 停電・電線・送配電に関する問い合わせは、東京電力パワーグリッドが受け付けています。 質問2:東京電力カスタマーセンターの受付時間は? 回答2 東京電力のカスタマーセンターの受付時間は月曜日〜土曜日(休祝日を除く)9:00〜17:00となっています。 ただし、東京電力のコールセンターは特に、月曜や休日明けは終日、また、平日でも9時~10時、12時~13時、16時~17時の時間帯がつながりにくくなっています。 どうしても電話での連絡が必要な場合は、この時間帯を避けて電話をしましょう。 質問3:東京電力カスタマーセンターの地域別・用件別の電話番号は? 回答3 東京電力では、お住まいの地域と用件別に異なる電話番号を設定しています。 質問4:東京電力に電話がつながらない!インターネットから手続きする場合は? 回答4 1. インターネットで手続きできること(東京電力)• 電気契約の申し込み(開通手続き):引っ越し先でも東京電力の電気料金を引き続き契約する場合• 電気契約の停止手続き:引っ越し先でも東京電力の電気料金を引き続き契約する場合 2. 電話でのみ手続きできること(東京電力)• 家の解体で電気設備そのものを撤去する場合• 海外に引っ越す場合• 停電の場合.

次の