夜空はいつでも最高密度の青色だ。 『夜空はいつでも最高密度の青色だ』映画化はなぜ成功したか? 石井裕也監督と孫家邦Pのつながり|Real Sound|リアルサウンド 映画部

映画「夜空はいつでも最高密度の青色だ」は会話が寒い!感想とネタバレ

夜空はいつでも最高密度の青色だ

原作である『夜空はいつでも最高密度の青色だ』は、詩集である。 繊細で、ひりひりと尖っていて、傷つきやすく、それでいて傷つけにかかってきて、でもどこか、ものすごくやさしい。 そんな印象の詩が静かに並んでいる。 当然ながら、詩集には慎二も美香も出てこない。 だからこの映画のストーリー自体は、石井裕也監督の創作ということになる。 不思議で、すごいことだと思う。 この詩集を石井監督は、映画監督として、あるいはただの石井裕也として、いったいどのくらいくり返し読んだのだろう。 どのくらい深く、入りこんだのだろう。 映画と詩集はまったく違うものなのに、映画は完璧に詩集と同じ色合いをしている。 たとえば、登場人物のひとり、慎二は「だれかの暇つぶしのために、愛のために喧嘩のために、ぼくは生きているわけじゃない 「新宿東口 」とつねに考えているような青年に見えるし、美香は「愛しあえたら平和になれるという歌が流れる中で だれにも愛されない人がいたらその人は 死なないと辻褄が合わないのかな、と、教室の隅で息を吐いている女の子 「栞の詩 」そのままに見える。 詩集から立ち上がる言葉が、そんなふうにそのまま、人物や町や空や夜になって、映画のなかに息づいている。 面倒な人だと思われるのがいやだから。 慎二と美香という二人も、自分のそういう部分を隠そうとしている。 でもにじみ出てしまう。 自分でもそれをわかっている。 わかっていて、もてあましている。 二人が暮らしているのは東京だ。 この映画での東京という町の描き方も独特だ。 「毎日を完結させなくちゃいけないという、それだけのために、今日も諦めと失望を、ゆめにむかってつぶやく義務がここにはあった 花園 」という詩人の言葉が、じつによく似合う町。 ごたついていて煩雑で騒々しくて、不親切で無関心。 自分とは関係のない人たちの人生で路地裏まで満ちているような場所。 慎二も美香も、映画に登場する慎二の仕事仲間たちも、みんな東京を好きではない。 でも、その好きではない東京に救われているようなところがある。 美香が実家に帰るシーンがあるが、美香のややこしさは、田舎の夜の闇には溶けない。 でも東京の騒々しさにはまぎれていく。 東京を嫌いだと思うことで、東京はそう思う人に居場所をくれる町なのだと、映画を見ていてはじめて気づいた。 無関心のあたたかみという相反するものを、両方そなえ持つ町として東京は描かれている。 この女性ミュージシャンの前で足を止める人はおらず、彼女の歌に耳を澄ませる人はいない。 このミュージシャンはあんまり歌がうまくなくて、愛想もよくなくて、ただ歌っている。 このミュージシャンが出てくるたびに、通りがかった酔っぱらいや、あるいは慎二や美香に、うるさいと絡まれるのではないかと私はヒヤヒヤしていたのだが、そんなことはなくて、彼女は真顔で歌い続けている。 がんばれ、がんばれというへたくそな歌が耳に残る。 聞く人の、そのときの状況によって、がんばれという言葉はニュアンスを変える。 腹立たしく思えることもあれば、すがりたいような気持ちになることも、背中を押されるようなときもある。 東京もきっとそんな場所なのだ。 慎二と美香は出会い、相手に「何か」を感じているが、それが恋や愛だとすぐに認めたりはしない。 「何か」の正体を見極めようとする馬鹿正直な誠実さがある。 そもそも二人は恋や愛を信じていない。 信じたいのに信じることができない。 二人のもとに、交際していた恋人や元同級生があらわれて、二人には到底信じられない恋や愛について語る。 こういう偽物まがいの恋や愛があふれているから、そもそも二人は恋も愛も信じられなくなっている。 でもその偽物まがいも、口にしている本人にとっては、正真正銘の本物なのだろう。 何を本物と思うかが、その人をその人たらしめている。 そういう意味において、慎二と美香は似ているし、愛や恋を信じていないとしても、必然的に距離を縮めざるを得ない。 というより、愛も恋も、おそらく彼らにとっての「本物」の一部だ。 なぜ信じられないかというと、二人の引き受けている喪失が、信じることを脅かすからだ。 二人の抱える、喪失もしくは欠落の種類は違う。 美香は過去の喪失にずっととらえられていて、慎二は長いあいだ自身の欠落と共存している。 何かを信じようとするとき、慎二も美香も、信じたのちに失うことをおそれているように私には見える。 本物があったとわかった瞬間に、それが跡形もなく消えるのがこわい。 だれかと出会うことは、近しくなることは、喪失も欠落も埋めない。 でも、共有することはできる。 共有することで、それはもしかしたら半分になるかもしれない。 喪失や欠落ばかりでなく、信じることへのおそれも、また。 美香の実家から東京に帰ってきた二人は、映画の終盤で、あるちいさな奇跡を目撃する。 そのとき慎二と美香は子どものような表情で顔を見合わせる。 私はこのとき、あっ、と思った。 二人がやっと見つけた、と思ったのだ。 信じられる本物を見つけた、と。 それは具体的な何かではなく、永続するものでもない。 明日には消えてしまうかもしれない。 でも、今、たしかに二人とも同時に見つけた。 そのことのほうがずっとだいじなことだ。 二人の表情を見て私はそんなふうに思った。 石井裕也監督の作品を何本観たんだろうと思って数えてみた。 8本だった。 それは、ぼくがパーソナリティーをやっているラジオに出演してもらったときに、まとめて4本観たせいもあるけれど、それでもいつからか、石井さんの映画は、ぼくにとって、観なければならないものになっていた。 石井さんは、いろんなタイプの映画を撮る。 活きのいい、ぶっとんだインディーズの作品も、堂々たるエンタテインメントも。 でも、どの作品にも現れる、濃厚な感情の噴出が、ぼくは好きだ。 その石井さんが、最果タヒさんの詩集を映画化したと聞いた時には、びっくりした。 最果さんは、最初の詩集『グッドモーニング』で中原中也賞を受賞しているのだけれど、ぼくは、そのときの選考委員だった。 最果さんの出現は、詩の世界にとって、ほんとうに大きな意味を持っていた。 このことは、どうしても書いておかなきゃならない。 いつの間にか、詩人たちや、詩の熱狂的なファンだけしか読まないものになっていた現代詩を、最果さんは、もっとずっと広い場所に押し出そうとしていたからだ。 ふつうの感受性を持った人間なら、誰だって読めて、心を動かされるような詩を最果さんは書こうとしていたのだ。 ものすごく興奮するような企画だけれど、そんなことが可能なのだろうか。 ぼくは、期待と不安が半ば交じった気持ちで、この映画を観た。 そして、ほんとうに、ほんとうに衝撃を受けた。 そこでは、不可能だと思われていたことが実現されていたのだ。 この映画は、看護師として働く美香と、日雇いの現場で働く慎二というふたりの若者の恋物語だ。 けれども、ふたりは一直線に「恋愛」に向かうことはできない。 ふたりの間を、たくさんのことばが邪魔している。 それは、美香の口をついてでるおしゃべりと、慎二の口をついてでるおしゃべりだ。 美香がしゃべるのは、この社会に広がっている、嘘くさいものへの、どうしようもない反発のことばだ。 たとえば、誰もが、恋愛を口にしている。 でも、それはほんとうに必要なものなのか。 誰かが決めたことを、まるで自分が自発的な意志でやっているような気になっているだけではないのか。 実は慎二も同じだ。 黙っていると不安になる。 自分が自分でなくなってしまうような気がする。 だから、慎二もまた、どうでもいいようなことばを絶えず、口から発している。 ふたりは惹かれあっているのに、ふたりの間には、膨大な残骸のようにことばの堆積物があって、ふたりの接近を阻んでいるのである。 ときには、直接、最果さんの詩から引用するように、美香はしゃべり、ときには、最果さんの詩の世界の登場人物がしゃべるように、美香の口からことばがこぼれる。 詩を読むとき、読者は、ふつう、ただ、そのことばを読む。 そこに書かれている「意味」を読む。 だが、かつて、詩が豊かなものと思われた頃、詩がたくさんの読者を惹きつけていた頃、読者は、そこに、「意味」ではなく、同じ時代を生きる人間の物語を読んだ。 その詩の行間にある、詩人の行動や感受性に深い刺激を受けた。 石井さんが、最果さんの詩から、一編の物語を引き出したのは、かつて、詩が豊かだった時代に行われたことだったのだ。 ふたりの若者は、巨大な都市、東京をさまよい歩く。 それは、ぼくたちみんなが知っている光景だ。 だが、ぼくたちが無機的だと信じている、おびただしい死に囲まれたこの都市は、深夜でさえ、赤・青・緑の光の三原色が散乱する、音と色彩にあふれた場所だった。 ぼくたちは、彼らと共に、深夜から朝まで、都市を巡り歩きながら、いつしか覚醒してゆく。 お互いを遠ざけるために、距離をとるために、傷つかないですむために使われていたことばが、いつしか、本来の目的のために、距離を埋めるために、向かい合うために、手を差し伸べるために、使われるようになってゆく。

次の

生きることはひりひりと痛いけどいつかは朝が来る『夜空はいつでも最高密度の青色だ』

夜空はいつでも最高密度の青色だ

映画データ 本作は、今年の早い時期からテアトル新宿で予告編を目にしてました。 凝ったタイトルと、タイトルだけでは分からなそうな内容と、詩集の映画化と、東京テアトル配給ってことで観たいなと思ったんですけど、てっきりテアトル新宿で公開されると思ったら新宿ピカデリーでの公開になりまして、なかなか時間が合わず公開から2週間経ってからの鑑賞となりましたが、全国公開は5月27日(土)からで新宿ピカデリーとユーロスペースは先行公開でした。 監督は 石井裕也さん 監督作は『舟を編む』しか観てないですが、大阪芸大から日大の大学院に進み、ぴあフィルムフェスティバルではグランプリを受賞し、いわゆる映画撮影所の助監督などを経ないで監督になった方で、日本アカデミー賞の監督賞も31歳で獲ってますし天才なんじゃないかと思います。 離婚しちゃいましたけど満島ひかりさんと結婚してましたし、イケメンですし日本のグザヴィエ・ドランて感じがします。 主演は 池松壮亮さん ここ最近の邦画は、菅田将暉さんか池松壮亮さんかっていうくらいよく見る方で、去年だけでも劇場で5作観てました。 去年は『セトウツミ』が面白かったかな。 W主演で新人の 石橋静河さん ARBの石橋凌さんと女優の原田美枝子さんの次女で先日観た『PARKS パークス』にも出てたみたいなんですけど気付かなかったかな。 宮崎あおいさんと二階堂ふみさん 蒼井優さんと黒木華さん みたいな感じで、門脇麦さんと雰囲気似てるなと思いました。 池松壮亮さんと門脇麦さんは『愛の渦』で共演してるのでデジャヴ感ありました。 共演に 松田龍平さん。 去年は『モヒカン故郷に帰る』がよかったです。 このキャスティング胸熱なのは、龍平さんのお父さんは言わずと知れた松田優作さんな訳ですけど、ARBのバンド活動をしていた石橋凌さんが俳優の道に進むきっかけになったのが優作さんが監督した『ア・ホーマンス』への出演で、それから31年経ってお子さん同士が共演するというんだから痺れます。 他に共演は 田中哲司さんと ポール・マグサリンさん 市川実日子さんは写真だけの出演(回想シーンで少し出番あったかも)でにはクレジットされてないですけど、主人公たちが働く建設現場の監督役で 正名僕蔵さんが結構出てます。 あらすじ 看護師として病院に勤務する美香 石橋静河 は女子寮で一人暮らし。 日々患者の死に囲まれる仕事と折り合いをつけながら、夜、街を自転車で駆け抜け向かうのはガールズバーのアルバイト。 作り笑いとため息。 美香の孤独と虚しさは簡単に埋まるものではない。 建設現場で日雇いとして働く慎二 池松壮亮 は古いアパートで一人暮らし。 左目がほとんど見えない。 年上の同僚・智之 松田龍平 や中年の岩下 田中哲司 、出稼ぎフィリピン人のアンドレス ポール・マグサリン と、何となくいつも一緒にいるが、漠然とした不安が慎二の胸から消えることはない。 ある日、慎二は智之たちと入ったガールズバーで、美香と出会った。 美香から電話番号を聞き出そうとする智之。 無意味な言葉を喋り続ける慎二。 作り笑いの美香。 店を出た美香は、深夜の渋谷の雑踏の中で、歩いて帰る慎二を見つける。 「東京には1000万人も人がいるのに、どうでもいい奇跡だね」 路地裏のビルの隙間から見える青白い月。 「嫌な予感がするよ」「わかる」 二人の顔を照らす青く暗い光。 建設現場。 突然智之が倒れ、そのまま帰らぬ人となった。 葬儀場で二人は再会する。 言葉にできない感情に黙る慎二と、沈黙に耐えられず喋り続ける美香。 「俺にできることがあれば何でも言ってくれ」と慎二が言うと、美香は「死ねばいいのに」と悲しそうな顔をした。 過酷な労働を続ける慎二は、ある日建設現場で怪我をする。 治療で病院に行くと、看護師として働く美香がいた。 「また会えないか」と慎二が言うと、美香は「まぁ、メールアドレスだけなら教えてもいいけど」と答える。 夜、慎二は空を見上げる。 「携帯9700円。 ガス代3261円。 電気2386円。 家賃65000円、シリア、テロリズム、食費 25000円、ガールズバー18000円、震災、トモユキが死んだ、イラクで56人死んだ、薬害エイズ訴訟、制汗スプレー750円、安保法案、少子高齢化……、会いたい」 新宿。 二人は歩く。 「ねぇ、なんであの時、私達笑ったんだろう、お通夜の後」「分からない」 「ねぇ、 放射能ってどれぐらい漏れてると思う」「知らない」 「ねぇ、恋愛すると人間が凡庸になるって本当かな」「知らない」 不器用でぶっきらぼうな二人は、近づいては離れていく。 (より引用) ネタバレ感想 最果タヒさんの詩集はもちろん読んだことが無いのですが、詩集を映画化するってどういう風にするのだろう?最近、映像詩の道を突き進んでるテレンス・マリック監督作みたいになっちゃうのかな?と思いましたけど、普通にストーリーあって面白かったです。 前半は美香の心の声みたいな感じで、印象的なフレーズが結構語られ、揺らめくようなカメラワークと相俟って詩的な雰囲気が強いですが、だからといって分かり辛いということはありません。 後半は前半より詩的な雰囲気は弱まり、慎二と美香の背景が明らかになります。 慎二は高校時代は進学校で成績優秀だったのに今は日雇い労働者になっていること、美香は母親の自殺がずっとトラウマになっていることと、過去に牧田(三浦貴大)との恋愛があったことなどが分かります。 ストーリーや設定やテーマ的には、昨年公開された同じ大阪芸大出身の山下敦弘監督の『オーバーフェンス』に非常に近い感じがしました。 それから都会での生き辛さや時代への閉塞感は橋口亮輔監督の『恋人たち』 最初、主人公の美香は看護師なのにいい部屋に住んでるなぁ?と思ったんですけど、ガールズバーでバイトしてたのでなるほど!と思ったんですけど、あとから女子寮(しかも渋谷から自転車で帰れる)に住んでるってことで、あれれ?となりましてちょっとリアリティなかったかも。 それから、いい映画であることは間違いないのですが、このテーマっていうかこのクラス(東宝とか松竹のメジャー映画ではない)の映画が絶対に描かないことがあって、震災以降、放射能のことはちょろちょろ出てくるのに喫煙のことは全然触れてこないんですよね。 低所得者ほど喫煙率は高くて、これらの映画が社会の底辺を描いているからかもしれませんが、ちょっと異様に喫煙率が高い。 本作では美香も吸ってましたし、しかも病院の敷地内でって、いまどき都内の病院の敷地内で喫煙できるトコってあるんですかね? まあメジャー配給の邦画でも喫煙シーン多い映画はホント多くて、喫煙シーンが全く出てこない映画は全く出てこない感じで両極端なんですけど、たぶん日本の映画界の現場が喫煙率高いんだと思います。 よく、あの清楚系女優さんが実は喫煙者だった、みたいのありますけど、たぶん現場でコミュニケーションとってるうちにそうなっちゃうんでしょうね。 一服休憩のコミュニケーション力は侮れないものがありますから。 映画のシーン的にも便利だと思うんですよ。 主人公たちにタバコ吸わせてちょっとそこで喋らせてって、物語的に動かしやすい気がしますし。 ただ、やっぱり現実社会との乖離が大きい気がします。 本作では慎二が、「電話代高えよなー、貧乏人からも金持ちからも等しく1万くらいとる」って言うんですが、この台詞があるなら、「でも貧乏なのにタバコ買っちゃうんだよなぁ」という台詞があってもよかった気がしますね。 慎二は左目がほとんど見えないので、慎二の視点になるときは、画面半分真っ暗になるんですけど、この視野が狭くなる感じはグザヴィエ・ドラン監督の『Mommy/マミー』みたいだなと思いました。 40代・男性・東京在住 高校生の頃からよく映画を見始め高校時代はテレビ・レンタルビデオ・映画館で合わせて1000本弱。 90年代はぴあシネマクラブを愛読してました。 評価点数、基本甘め。 何でも面白いと思うタイプです。 ここ数年、作品の質に関係なく、ヒットする作品とそうでない作品の差が開く一方だなと思うのと、洋画の興収10億円超えが減ってきてるのが気になってます。 Twitter でフォロー 最近のコメント• に eigamanzai より• に うど より• に 太郎 より• に ツインパワー より• に BMI... 減らしたい より 参考にしてる映画関連のサイト•

次の

映画『夜空はいつでも最高密度の青色だ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

夜空はいつでも最高密度の青色だ

著者:最果タヒ• 出版社:リトル・モア• 監督・脚本は石井裕也さん、出演は石橋静河さん、池松壮亮ほか。 書店で売られている詩集のカバーは映画のシーンを切り取った写真をあしらったものに変わっています。 詩集には数編の詩が載っていて、ぼんやりとした一貫性はありますが、それ自体がストーリーではありません。 これが映画化されるのは異例中の異例といえます。 都会の片隅で孤独を抱えて生きる現代の若い男女を追った作品になっているようです。 「生」と「死」をつねに背負う タイトルに「青色」が入っていることからもわかるように、この詩集には「青」の気配が漂っています。 夜空が青いことはわかりますし、反対に昼間の空も当然青いのです。 「地球は青かった」という有名なことばもありますし、わたしたちを取り巻く世界の多くは「青」だといえます。 この詩集には「生」や「死」をどこかに感じさせる表現がよく登場します。 そして、よくよく読むとそれ自体が青色なのではないかと思わされます。 きみが、あの子をかわいいと言う根拠が、ただの劣等感であればいいのに。 死んでしまったものでもきれいな糸になったりする、絹と蚕。 私がさみしいとき、私からなにかが死んでしまっても、汚されてもいいから、だれかにとって意味のあるものが抽出されていけばもうなにも気にしなかった。 生命感があふれるひとほど、フィクションに見える感覚。 ゆめかわいいは、死後みたいな、色。 今も、地上のどこかでは雨が降り注いで、瞳のいくつかは閉じられている。 死ぬと、いえば簡単に、孤独を手に入れられていた。 君をなでる透明の風に、いまさら、なりたくなんてない。 (「ゆめかわいいは死後の色」) ここでは「蚕」と蚕が吐いた糸から作られる絹糸までが生きることや死ぬことの象徴のひとつとして捉えられています。 そしてきれいな糸になるためには、生きるのではなく、死ぬほうがよいのだということが語られ、若者の切なさがじっとしみこんでくるようなのです。 大人になることのさびしさとか人との付き合い方とか 昨今「陽キャ」「陰キャ」ということばが登場して、普段の生活で人々はなんとなくカテゴライズされたり、自分から好みの枠の中へ入っていったりする傾向があるように思えます。 「コミュ障」ということばが使われるようになってからもずいぶん経ちます。 友人や恋人との付き合い方は難しく、困難を極めます。 そうした気持ちも詩には表れています。 きみが見ている日差しが、夕日であろうが朝日であろうが、 それが君のためだけに注がれているものだと信じていいよって、 言えるひとになりたかった。 自分がただの人間だって、 思い知らなくちゃいけないなんて、誰が決めたの。 宇宙になったつもりで、すべてを信じて、 わたしのこと好きでも嫌いでもない、 埃を見る目で見てくれてよかった。 きみにやさしくない人を、きみが無視する。 それだけで春がきたらいいのにね。 (「プリズムの詩」) 「自分がただの人間だって、/思い知らなくちゃいけないなんて、誰が決めたの。 」 大人になると、自分がただの人間だと思わねばならないシーンがあります。 アイドルになりたかったり、仮面ライダーになりたかったり、ヒーローになりたかった子どもたちは、それでも夢を持って前に進んでもらいたい。 世の中は切なくて理不尽で、みんな弱いから「死のうかな」とか本気でないのに思ってしまいがちだけれど、それでも生きていく世界。 そんな物語が詰まった一冊です。

次の