濃いめ の レモン サワー。 preview.systemcenteradvisor.com:「レモンサワーの素」って便利ですよん!“濃いめ”もあります

LOHACO

濃いめ の レモン サワー

濃いって、恋しい。 乙女ナベコはなにかと恋愛ワードを持ち出したくなるのですが、本題。 こちらは「レモンサワーの素」。 レモンなどで味付けされた原液が入っており、炭酸で割ることでレモンサワーをつくれるというもの。 レモンサワーがつくれるというと「ハイサワー」を思い浮かべるかもしれませんが、博水社のハイサワーは割り材なのでアルコールは入っていません(ただ、隠し味に白ワインがほんのちょっと入れているそうです)。 アルコールが入っていますよ。 説明がかえってややこしいって? 本記事はナベコがお酒を飲みながら執筆しておりますのでご容赦ください。 さーて。 濃いめというバズワードが入っているので、そそられて、きゃー興奮する、という具合に魅力的ですが、既視感が。 似たのあったなあ。 レモンサワーの素、売れているそうです みなさんもサントリーの「こだわり酒場のレモンサワーの素」を見たことあるのではないでしょうか。 2018年2月に登場して売行き好調。 缶のは、コンビニのチューハイコーナーでも見かけます。 それだけ「こだわり酒場」が当たっているんですよね。 おそらく、今回のサッポロ「濃いめのレモンサワー」はそのあたりにのりたい、という商品なんだろうな。 サッポロが後手のようですが、もともと、サッポロはレモン系のつくりが優秀です。 なんたって、ポッカレモンを出しているポッカサッポロとつながっていますから。 少し前に出た缶チューハイ「レモン・ザ・リッチ」もめちゃ名作です。 レモン・ザ・リッチは高級感があって美味だったな~。 濃いけどちょっと甘いかも 「濃いめ~」も飲んで真価を確かめないことにはあかんです! 割り方のオススメは、1:2か1:3で、アルコール度数8%ないし6%程度につくること。 なるほど、アルコール度数の高めの割り方を紹介していますよ。 さすが、コンセプトがしっかりしていますよ。 ハラショ。 アルコール度数8%~6%程度に飲むのがオススメだそう。 1:2程度(アルコール度数8%くらい)に割って飲んでみました。 お……レモンの風味が濃厚。 けっこう、甘いです。 レモンの果汁のマイルドな部分を凝縮させたような感じ。 アルコール度数が高いはずなのに、アルコールがきつくない。 非常にレモンの旨みが濃厚。 アルコール度数の高さを感じさせない、というのがスゴイ。 ただ、ちょっと甘いかな~。 1、2杯はいいけど、食中酒としてグビグビ飲むには向いていないかも。 あくまで個人の好みですが。 濃い味のレモンサワーをちょびちょび飲みたい人にはいいかも。 量はそこそこで、アルコール度数濃いめのものを飲みたいという人にも向いているはず。 泡あわになるレモンサワーがおもしろい あと、おなじくサッポロからおもしろい製品が出ていますよ。 「サッポロ レモンアワー」という、グラスに注ぐことを前提とした商品。 アルコール度数7%。

次の

【楽天市場】レモンサワーの素 バラエティセット【6種類各1本】 こだわり酒場 濃いめ 清州 檸檬酒 小鶴 酎ハイ専科:酒のすぎた 楽天市場店

濃いめ の レモン サワー

レモンサワーが生まれたのは戦後まもなくの時代に遡る。 当時は肉類が高価だったため安く手に入ったモツが一般的に食べられていた。 ある時同じく比較的安価に手に入れることができた焼酎を炭酸で割った飲み物にレモンを絞ったことで偶然生まれたのがレモンサワーとのことだ。 このレモンサワーを最初に提供しだしたのは東京の目黒にあるモツ焼きを看板料理として振舞っていた大衆居酒屋の「ばん」と言われており、初期メニューとして提供したところ油っぽいモツ焼きとの相性が抜群だったことでたちまち人気を集めたのだという。 今では居酒屋などで定番ドリンクとなっているレモンサワーの爽やかな味わいとのど越しの良さは濃いめの味付けやコクのある旨味の強い料理で疲れた舌をリセットしてくれ、現在一般的なドリンクとして親しまれていることも素直に納得がいく。 この2つの違いを厳密に説明するにはサワーとチューハイの違いを知る必要がある。 サワーは酸っぱいという意味を有するその語源から柑橘系の果汁でリキュール類を割った飲み物であるのに対し、チューハイは焼酎を割った飲み物だ。 ではなぜ焼酎の炭酸割りにレモンを足した物がレモンサワーと呼ばれるようになったかと言うと、ハイサワーと言う商品がきっかけで呼ばれるようになったのだそう。 この商品は主に関東で浸透したため、関東ではレモンサワーと呼ばれるようになったという説が有力とされている。 関東と関西で呼び方が違うのはこのためだと言われているが、今では様々な商品が発売されている中ベースとなるお酒の種類が違ってもサワーやチューハイと名づけられていることもあり、また柑橘系の果汁を使っていなくてもサワーと呼ばれるものもあるのが現状だ。

次の

【仕事終わりの一杯】レモンサワー専用タンブラーがヴィレヴァン通販に新登場! (2020年06月26日) |BIGLOBE Beauty

濃いめ の レモン サワー

このコーナーで昨年12月にも一度取り上げた、レモンサワーの割り材。 その時は、炭酸で割るタイプと焼酎で割るタイプが入り混じった状態で飲み比べを行いました。 しかし、ここにきて、サントリー「こだわり酒場のレモンサワーの素」の人気に続けとばかりに、最近はソーダ割り専用のレモンサワーの素が続々と登場しています。 であれば、今一度ソーダ割り限定で飲み比べてみようではありませんか。 3%) 1杯(200mL)当たり=101. 4円(炭酸代を含む) S:これ、酸っぱくてうまいね。 E:ほんと酸っぱ! ポッカレモンを入れたみたい。 Y:人工甘味料的な感じがしなくて良い。 ただちょっと素っ気ない気もするかな。 A:素1、炭酸2で割ると、だいたいアルコール度数8%なんですけど、あんまりアルコールが強いって感じもしませんね。 Y:甘くないからいっぱい飲めるし、食中酒としても良い気がする。 A:そうですね。 単独で飲むと少し酸っぱすぎる気もしますが、唐揚げなんかの揚げものと一緒だとさっぱり美味しく飲めそうです。 サントリースピリッツ|こだわり酒場のレモンサワーの素 原材料:酸味料、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース) 容量:500mL 価格:702円(税込み) 作り方:素1に、炭酸3で割る(アルコール度数:6. 25%) 1杯(200mL)当たり=100. 2円(炭酸代を含む) Y:これは微かにアルコールっぽい感じがする。 S:うん、酒っぽい。 それに、ほんのり甘味もあるね。 缶チューハイの味に近いかも。 A:やっぱり少し甘味があると美味しく感じます。 E:そうですね、マイルド。 そしてどちらかというと大衆的な味かな。 Y:味のバランスは良いと思う。 甘すぎず、酸っぱすぎず。 E:「果実まるごと仕込」って書いてあるから、少し皮の苦味もあるかなと思いきや、そんなにないですね。 S:食事との相性を考えたら、個人的にはもう少し酸味があるほうが好みかな。 大関|わが家のレモンサワーの素 原材料:醸造用アルコール(国内製造)、糖類、濃縮レモン果汁、米焼酎、香料、酸味料 容量:900mL 価格:1080円(税込) 作り方:素1に、炭酸3で割る(アルコール度数:6. 25%) 1杯(200mL)当たり=90円(炭酸代を含む) E:シチリア産レモンを使っているせいか、他にはない洒落た香りがします。 A:たしかに香りが良くて、ちょっとリッチ感がありますね。 Y:うん。 レモンの輪切りは入れていないのに、まるで入っているかのような爽やかなレモンの香りがする。 これ結構好きかも。 S:ベースは米焼酎なんだ。 だから口当たりもまろやかなのか。 柔らかくて深みがある。 ベースに何を使っているのかも結構重要なんだね。 E:甘み、酸味、香り、全部を含めたバランスがすごく良いですよね。 Y:飲み飽きしないしコスパも良いから、個人的に毎日飲むとしたらこれを選ぶかも。 中野BC|富士白 レモンチュウハイの素 原材料:醸造アルコール(国内製造)、砂糖、レモン果汁、香料 容量:600mL 価格:1620円(税込) 作り方:素1に、炭酸5で割る(アルコール度数:4. 16%) 1杯(200mL)当たり=122円(炭酸代を含む) E:まずこのボトルのデザインがちょっとレトロで素敵~。 いかにも美味しそう。 飲む前から期待値が上がります。 Y:味は結構甘いな。 駄菓子っぽい懐かしい感じの甘さ。 A:和歌山で長年愛されていた「富士白レモンチュウハイ」の復刻版らしいです。 Y:なるほど、だからか。 懐かしんで味わうようなものなんだね。 E:甘いけれど、人工的な甘さではないから嫌な感じはしない。 レモネードみたいで私は好きです。 S:かなり酸っぱい清洲桜醸造「檸檬酒」と対局にあるけれど、これはこれで良い。 お湯で割って温かくして飲んでも美味しいと思う。 A:味がしっかりあるので、炭酸が抜けても美味しく飲み続けられそうですね。 ただ1杯当たりのコストがちょっと高めなのが気になります。 小正醸造|小鶴 原材料:本格焼酎(国内製造)(麦)、ゆず果汁、レモン果汁、糖類、香料、酸味料 容量:600mL 価格:1296円(税込) 作り方:素1に、炭酸4で割る(アルコール度数:5%) 1杯(200mL)当たり=118. 4円(炭酸代を含む) A:今回はレモンサワーの飲み比べですが、この商品には柚子も入っています。 麦焼酎がベースです。 S:これ、ウマいよ! お店のカクテルみたいで、完成している感がある。 Y:あー、私的にはちょっとこの強い香りが気になるな。 E:私もちょっと苦手なタイプかも。 柚子を入れているからなんでしょうね。 ここが好みの別れるところですよね。 S:口に入れた瞬間と最後に柚子の香りがくるよね。 ボディの酸っぱさはレモンなんだけど。 僕は旨いと思うけどな。 A:ボトルのデザインも雰囲気があって良いですね。 飲み比べてみて、分かったこと。 清洲桜醸造の「檸檬酒」の酸っぱさは別格でしたが、美味しさのレベルはどれも高かったです。 それぞれに個性の違いはあって、今回の飲み比べで編集部内でも意見が分かれたように、それを良しとするか悪しとするかは飲む人の好みだと思います。 あと飲むシチュエーションや合わせる料理によっても、その時々で美味しいと思うものは変わってくるのかもしれません。 なにより、こんなお店で飲むようなフレッシュで本格的なレモンサワーが炭酸で割るだけで手軽にできるなんて、家飲み派にとってはつくづく良い時代になったな~と思いました。 皆さまも気になる商品がありましたら、まずは手に取って飲んでみてください。

次の