パラサイト 半 地下 の 家族 キャスト。 パラサイトの日本語吹き替え声優やキャスト・監督は誰か画像付きで紹介!

全世界が熱狂する『パラサイト 半地下の家族』出演キャスト陣からコメントが到着「韓国映画の進化として認識することでしょう」

パラサイト 半 地下 の 家族 キャスト

解説 2019年・第72回カンヌ国際映画祭で韓国映画初となるパルムドールを受賞したほか、第92回アカデミー賞でもアジア映画で初めて作品賞を受賞するという歴史的快挙を成し遂げた「パラサイト 半地下の家族」のモノクロ版。 第72回カンヌ国際映画祭で通常のカラー版がお披露目されるより前に作られたバージョンで、映画がまだモノクロだった時代のクラシック映画にあこがれるポン・ジュノ監督の夢をかなえるために作成された。 「パラサイト 半地下の家族」がアカデミー賞をはじめさまざまな映画賞を席巻し、日本でも2020年1月に劇場公開されると韓国映画史上ナンバーワンとなる大ヒットを記録するなど大きな話題を呼んだことから、モノクロバージョンも劇場公開される。 2019年製作/132分/PG12/韓国 原題:Parasite 配給:ビターズ・エンド スタッフ・キャスト モノクロバージョンが公開されると聞いて、即座にcheckしましたよ。 モノクロの方がより良い気がして。 個人的にモノクロバージョンの方が良かった。 感無量。 やっぱりパラサイトは最高の作品でした。 これからはちょっと内容に触れるので、まだパラサイトを見ていない方はご注意を。 大きく2つカラー版と違った。 1つ目、半地下の家族。 彼らの醜さがモノクロになってより伝わってきた。 トイレでWiFiを繋げる姿、適当にピザの箱を作る姿、どれもより良いものとなっていた。 2つ目、雨。 金持ち一家と半地下の家族が最も対比されるシーンだが、すっごい良くなっていた。 ある所では水溜まり、ある所では海。 感覚が研ぎ澄まされた。 他の方も言われてますが、モノクロにしたことにより金持ち一家の裕福さは損なわれているかなと。 しかし、モノクロはより半地下の家族に焦点を置いている気がしました。 内容的には全くもって変わりませんが、「パラサイト 半地下の家族 モノクロバージョン」という新たな映画を見た気分。 とてもよかったです。 過去に通常バージョン(カラー)鑑賞済み。 モノクロバージョンは、視覚情報がカラーよりシンプルなせいか、獏とした印象だが落ち着いて観られる感じがあった。 そして特に半地下の部屋の暗い猥雑さや、豪邸の地下に通じる階段の入り口の不気味さがより印象深く伝わってきた。 夜中に息子が冷蔵庫の前から階段の入り口を見る例のシーンなどは、モノクロだからこそのインパクトを感じた。 ただ、パク一家の豪邸での華やかな生活の描写は、カラー版の方がその雰囲気が伝わってきたように思えた。 半地下の生活との対比として重要なパク家族の生活の眩しさの表現は、カラー版を観た後ではどうしても物足りなさを感じた。 終盤クライマックスの混沌も、個人的にはカラーの方が鮮烈で好み。 監督はモノクロ映画に強いリスペクトを持っているためこのバージョンを公開するに至ったそうだ。 今回の試みは全く否定しないが、カラー作品をモノクロ変換(もちろんこだわってチューニングしたとのことではあるが)したものでなく、最初からモノクロ公開のみが前提の作品も一度作ってみてほしい(もし既に作っていたらごめんなさい)。 鑑賞の順番が逆だったらまた印象が違ったかもしれない。 モノクロ版を称賛するのが映画通の証左であるかのような風潮(私の妄想でしょうか)と自分の素の感性を隔離するのにも少し気を遣う。 こういうバージョン違いはちょっと悩ましい。 この悩ましさを楽しめるところが醍醐味かも知れない。 もう一度見たかったところに、モノクロバージョンで上映と聞き、目先が変わっていい!と、飛びついた。 初見で見落としてたところや、わかってなかったところが、ようやく腑に落ちた。 ああ、スッキリした。 カラーはほんとに色がきれいだったから、モノクロは渋い。 けど、自分はモノクロの方が良かったと思う。 単純にカラーを変換したわけではなく、かなり調整したとのことで、質感も出てたし光と影も美しく表現されていた。 キッチンの地下への入口の黒さは禍々しく、地獄に続いていくようで怖かった。 見る前に心配? してた夜の雨と雷、これも心配ご無用だった。 個人的にはカラーより画面の情報量が減って、逆に集中して見られた。 モノクロを先に見たかったかも。 2回見て心に残ったこと。 人は自分のことを一番わかっているつもりでいるが、けっこう自身のことを知らずに生きている。 そして、知らないまま人生を終える方が多数なんだなぁ。 たまたま知ってしまったら、予期せぬ自分が現れるかもしれない。 あーこわい、こわい。

次の

「パラサイト 半地下の家族」感想や注目のキャストは?

パラサイト 半 地下 の 家族 キャスト

もくじ• パラサイト(韓国映画)のキャスト一覧の役名と相関図 韓国映画『パラサイト半地下の家族』に登場する人物は、基本的には「半地下に暮らす貧しいキム一家」と「高台の豪邸に暮らす裕福なパク一家」の2家族だけです。 両家とも両親と子供2人の4人家族なので、合計8人。 他には、パク一家で働く家政婦や運転手、ギウの友人でパク一家の家庭教師を紹介してくれたエリート大学生くらいです。 登場人物が僅かな人数だからこそ、観ている人は引き込まれ、このカオスのような独特の空間にもすうっと入り込めるのかもしれません。 パラサイトのキャスト役名の一覧 キャスト 役名 役どころ ソン・ガンホ キム・ギテク ・キム家の父親 ・多くの事業に失敗し失業中 チャン・ヘジン キム・チュンスク ・キム家の母親 ・元ハンマー投げのメダリスト ・甲斐性なしの夫に強く当たる事も チェ・ウシク キム・ギウ ・キム家の息子 ・大学受験に4度失敗、受験のプロ パク・ソダム キム・ギジョン ・キム家の娘 ・美大に行きたいが予備校にも通えない ・スキルは一級品 イ・ソンギュン パク・ドンイク ・パク家の父親 ・誰もが尊敬するIT企業の社長 チョ・ヨジョン パク・ヨンギョ ・パク家の母親 ・若く美しい、純真な富裕層 チョン・ジソ パク・ダヘ ・パク家の娘(高校2年生) ・ギウが代理の英語家庭教師となり、ギウに惹かれる チョン・ヒョンジュン パク・ダソン ・パク家の息子 ・奇抜で感度が高く落ち着きがない ・ギジョンが美術家庭教師となる イ・ジョンウン ムングァン ・パク家の家政婦 ・家のことを熟知している パク・ソジュン ミニョク ・ギウに家庭教師を紹介した友人 ・エリート大学生 半地下に住む家族(キム家)キャストのプロフィール・出演作品 ソン・ガンホ(父親キム・ギテク役) 映画「パラサイト」は貧しさの描写がいちいち細かい。 ソン・ガンホが飲んでるビールは8本いくらで叩き売りされてるフィルライト。 大ヒット映画『シュリ』(1999)や『JSA』(2000)をはじめ、『クワイエット・ファミリー』(1998)・『反則王』(2000)・『復讐者に憐れみを』(2002)・『親切なクムジャさん』(2005)・『渇き』(2009)など数多くの映画に出演し、国際的にも大変評価が高い実力派俳優です。 ポン・ジュノ監督作品への出演は『殺人の追憶』『グエムル 漢江の怪物』『スノーピアサー』に続いて4本目となります。 ソン・ガンホとポン・ジュノ監督は、お互いに高く評価していて、ポンジュノ監督はソン・ガンホを「ガンホ先輩」と呼んでいます。 チャン・ヘジン (母親キム・チュンスク役) 『寄生虫』でガンホの嫁さんのチュンソクやってたチャン・ヘジン、大傑作『わたしたち』で主人公のオカンやってた人だよ。 映画では『クリスマスに雪が降れば』(1998)・『シークレット・サンシャイン』(2007)・『ポエトリー アグネスの詩』(2010)・『わたしたち』(2016)等に出演しています。 『わたしたち』で子供への愛情と家庭の問題の間で揺れる母親役の好演技が、ポンジュノの目にとまりパラサイトの出演に繋がったそうです。 本作だけでもその演技の振り幅を見せる今後も期待の俳優ですね — せつげっか@ア一ニャパーカー ensetugekka チェ・ウシク(1990年3月26日生まれ:29歳)は、ドラマや映画で活躍するカナダ国籍の韓国俳優です。 TVドラマ『チャクペー相棒ー』(2011)で俳優デビューし、その後も数多くのTVドラマに出演しています。 映画も『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)・『ときめきプリンセス婚活記』(2018)・『The Witch/魔女』(2018)などヒット映画にも多数出演しています。 パラサイトへの出演は、Netflixオリジナル映画『オクジャ/okja』に続き2本目のポン・ジュノ作品出演となります。 甘いマスクと高い演技力で、日本でもとても人気があります。 パク・ソダム(妹キム・ギジョン役) 「パラサイト」で長女ギジョンを演じたパク・ソダムちゃん。 のこの薄い顔クセになる〜THEアジアンフェイス — めいべーる kaiki12zone パク・ソダム(1991年9月8日生まれ:28歳)は、アジア系の顔立ちから「第2のキム・ゴウン」と呼ばれ、演技力も高く韓国映画界期待の星といわれています。 2016年の韓流ドラマ『ビューティフルマインド』『シンデレラと4人の騎士』は日本でもとても人気でしたね。 高台に住む家族(パク家)キャストのプロフィール・出演作品 イ・ソンギュン(社長パク・ドンイク役) パラサイトに出てきた金持ちパパ役のイ・ソンギュンって人、顔もカッコいいけど声がセクシー。 — 映画を観るうなぎ UnagiYumei イ・ソンギュン(1975年3月2日生まれ:44歳)は、ドラマや映画・ミュージカル舞台でも活躍する韓国俳優です。 2007年の韓流ドラマ『白い巨塔』と『コーヒープリンス1号店』で大ブレイクし、「甘い魅力を持つ男優」として人気になりました。 映画では、『アバンチュールはパリで』(08)・『僕の妻のすべて』(2012)・『修羅の華』(2017)・『最後まで行く』(2014)・『王様の事件手帖』(2017)などに出演しています。 低音で個性的なセクシーボイスがたまらない!と声でファンになる人も多数。 チョ・ヨジョン(母親パク・ヨンギョ役) 寄生虫のムービートークライブで 下記ネタバレではないと思うけど気になる人は読まないでね チョ・ヨジョンさんが自身の演じたキャラクターの解釈について「グローバルIT企業社長である夫に釣り合おうと努力して英語を勉強し実際かなり上手いけど、夫の前では絶対に口にしない。 テレビドラマ『完璧な妻』『ロマンスが必要』『ベビーシッター』や、映画『後宮の秘密 』(2012)・『情愛中毒』(2014)など多くの作品に出演しています。 男女の激しい愛憎劇を描いた『情愛中毒』で韓国映画評論家協会で助演女優賞を受賞し、この演技がポン・ジュノ監督の目に留まり、パラサイトへのキャスティングに繋がったそうです。 モデル出身と聞いて納得の美貌とスタイルです! チョン・ジソ (娘パク・ダヘ役) 『パラサイト 半地下の家族』のネタバレじゃないネタバレをひとつすると、金持ちの娘役のチョン・ジソちゃんがめちゃくちゃ可愛いです。 本田望結ちゃんぽさある — 🐦なげき🐦 nagekinoumi チョン・ジソ(1999年9月17日生まれ:20歳)は、13歳から子役デビューし、主にテレビドラマで活躍している韓国女優です。 2012年にテレビドラマ『メイクイーン』で子役デビュー後、『ジキルとハイドに恋した私 』『W 君と僕の世界」など多数のTVドラマに出演し、韓国映画『隻眼の虎』(2015)にも出演しています。 小学2年生から中学1年生までフィギュアスケート選手として活動し、乗馬や歌、ダンスも得意ということなので、私生活でも裕福な家庭なのかもしれません。 パラサイトを観た人は、「ダヘ(チョン・ジソ)がとにかく可愛い!」とメロメロ多数です。 これからの活躍が期待されますね。 『あなたはひどいです』(2017)・『七日の王妃』(2017)・『波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~』(2018)など多数のテレビドラマに子役で出演していますが、パラサイトが初の映画出演かどうかは調べても分かりませんでした。 パク・ソジュンとチェ・ウシク(ギウ役)はプライベートでも交流があり、頻繁に会ったり一緒に旅行に行くほど仲が良いそうです。 韓国で2020年7月公開のパク・ソジュンの主演映画『使者(原題)』には、チェ・ウシクが特別出演することも決まっており、お互いに「切っても切れない家族のような存在」とまで言っています。 ポン・ジュノ監督も、「パク・ソジュンには独自の存在感があり、キャスティングして本当によかった。 」と満足しているそうです。 パラサイト(韓国映画)の監督・脚本は誰? 『パラサイト 半地下の家族』試写会、最初から最後まで予想路線全裏切りしてくる、何処を切ってもネタバレになる超絶練り混みシナリオだったんですけど、 上映終わってからポン・ジュノ監督本人が出てくるとか予測出来ないわwww — いちごま 1214塚口 ichigoma0226 韓国映画『パラサイト半地下の家族』の監督は、韓国を代表する映画監督ポン・ジュノ(1969年9月14日生まれ:50歳)です。 本作品は、脚本もポン・ジュノが手がけています。 ポン・ジュノは、2000年『吠える犬は噛まない』で長編映画監督デビューを果たし、2003年『殺人の追憶』2006年『グエムル漢江の怪物』が韓国内で大ヒットし、韓国を代表する若手監督と評価されるようになりました。 その後『母なる証明』(2009年)や 『スノーピアサー』(2013年)など世界的ヒット映画も多く生み出し、国際的に高評価を得ています。 先行上映用映像が上映前にあり、監督と出演者から「とにかくネタバレ厳禁」と念押しされたのが納得。 ぜひ観てほしい! — AYA. T ayat0926 韓国映画『パラサイト半地下の家族』キャストの役名一覧・相関図や、年齢・出演作品などをお伝えしました。 全員が韓国人俳優で、すでに高い評価を得ているキャスト・これからすごく成長しそうなキャスト、様々でしたね。 『パラサイト』が韓国国内だけで無く、これほどまで国際的評価を受けるとは思っていなかったキャストもいるのではないでしょうか? 韓国映画『パラサイト半地下の家族』の全キャストは、今後ドラマや映画でひっぱりだこになること間違いないでしょうね。

次の

パラサイト 半地下の家族 モノクロVer. : 作品情報

パラサイト 半 地下 の 家族 キャスト

もくじ• パラサイト(韓国映画)のキャスト一覧の役名と相関図 韓国映画『パラサイト半地下の家族』に登場する人物は、基本的には「半地下に暮らす貧しいキム一家」と「高台の豪邸に暮らす裕福なパク一家」の2家族だけです。 両家とも両親と子供2人の4人家族なので、合計8人。 他には、パク一家で働く家政婦や運転手、ギウの友人でパク一家の家庭教師を紹介してくれたエリート大学生くらいです。 登場人物が僅かな人数だからこそ、観ている人は引き込まれ、このカオスのような独特の空間にもすうっと入り込めるのかもしれません。 パラサイトのキャスト役名の一覧 キャスト 役名 役どころ ソン・ガンホ キム・ギテク ・キム家の父親 ・多くの事業に失敗し失業中 チャン・ヘジン キム・チュンスク ・キム家の母親 ・元ハンマー投げのメダリスト ・甲斐性なしの夫に強く当たる事も チェ・ウシク キム・ギウ ・キム家の息子 ・大学受験に4度失敗、受験のプロ パク・ソダム キム・ギジョン ・キム家の娘 ・美大に行きたいが予備校にも通えない ・スキルは一級品 イ・ソンギュン パク・ドンイク ・パク家の父親 ・誰もが尊敬するIT企業の社長 チョ・ヨジョン パク・ヨンギョ ・パク家の母親 ・若く美しい、純真な富裕層 チョン・ジソ パク・ダヘ ・パク家の娘(高校2年生) ・ギウが代理の英語家庭教師となり、ギウに惹かれる チョン・ヒョンジュン パク・ダソン ・パク家の息子 ・奇抜で感度が高く落ち着きがない ・ギジョンが美術家庭教師となる イ・ジョンウン ムングァン ・パク家の家政婦 ・家のことを熟知している パク・ソジュン ミニョク ・ギウに家庭教師を紹介した友人 ・エリート大学生 半地下に住む家族(キム家)キャストのプロフィール・出演作品 ソン・ガンホ(父親キム・ギテク役) 映画「パラサイト」は貧しさの描写がいちいち細かい。 ソン・ガンホが飲んでるビールは8本いくらで叩き売りされてるフィルライト。 大ヒット映画『シュリ』(1999)や『JSA』(2000)をはじめ、『クワイエット・ファミリー』(1998)・『反則王』(2000)・『復讐者に憐れみを』(2002)・『親切なクムジャさん』(2005)・『渇き』(2009)など数多くの映画に出演し、国際的にも大変評価が高い実力派俳優です。 ポン・ジュノ監督作品への出演は『殺人の追憶』『グエムル 漢江の怪物』『スノーピアサー』に続いて4本目となります。 ソン・ガンホとポン・ジュノ監督は、お互いに高く評価していて、ポンジュノ監督はソン・ガンホを「ガンホ先輩」と呼んでいます。 チャン・ヘジン (母親キム・チュンスク役) 『寄生虫』でガンホの嫁さんのチュンソクやってたチャン・ヘジン、大傑作『わたしたち』で主人公のオカンやってた人だよ。 映画では『クリスマスに雪が降れば』(1998)・『シークレット・サンシャイン』(2007)・『ポエトリー アグネスの詩』(2010)・『わたしたち』(2016)等に出演しています。 『わたしたち』で子供への愛情と家庭の問題の間で揺れる母親役の好演技が、ポンジュノの目にとまりパラサイトの出演に繋がったそうです。 本作だけでもその演技の振り幅を見せる今後も期待の俳優ですね — せつげっか@ア一ニャパーカー ensetugekka チェ・ウシク(1990年3月26日生まれ:29歳)は、ドラマや映画で活躍するカナダ国籍の韓国俳優です。 TVドラマ『チャクペー相棒ー』(2011)で俳優デビューし、その後も数多くのTVドラマに出演しています。 映画も『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2016)・『ときめきプリンセス婚活記』(2018)・『The Witch/魔女』(2018)などヒット映画にも多数出演しています。 パラサイトへの出演は、Netflixオリジナル映画『オクジャ/okja』に続き2本目のポン・ジュノ作品出演となります。 甘いマスクと高い演技力で、日本でもとても人気があります。 パク・ソダム(妹キム・ギジョン役) 「パラサイト」で長女ギジョンを演じたパク・ソダムちゃん。 のこの薄い顔クセになる〜THEアジアンフェイス — めいべーる kaiki12zone パク・ソダム(1991年9月8日生まれ:28歳)は、アジア系の顔立ちから「第2のキム・ゴウン」と呼ばれ、演技力も高く韓国映画界期待の星といわれています。 2016年の韓流ドラマ『ビューティフルマインド』『シンデレラと4人の騎士』は日本でもとても人気でしたね。 高台に住む家族(パク家)キャストのプロフィール・出演作品 イ・ソンギュン(社長パク・ドンイク役) パラサイトに出てきた金持ちパパ役のイ・ソンギュンって人、顔もカッコいいけど声がセクシー。 — 映画を観るうなぎ UnagiYumei イ・ソンギュン(1975年3月2日生まれ:44歳)は、ドラマや映画・ミュージカル舞台でも活躍する韓国俳優です。 2007年の韓流ドラマ『白い巨塔』と『コーヒープリンス1号店』で大ブレイクし、「甘い魅力を持つ男優」として人気になりました。 映画では、『アバンチュールはパリで』(08)・『僕の妻のすべて』(2012)・『修羅の華』(2017)・『最後まで行く』(2014)・『王様の事件手帖』(2017)などに出演しています。 低音で個性的なセクシーボイスがたまらない!と声でファンになる人も多数。 チョ・ヨジョン(母親パク・ヨンギョ役) 寄生虫のムービートークライブで 下記ネタバレではないと思うけど気になる人は読まないでね チョ・ヨジョンさんが自身の演じたキャラクターの解釈について「グローバルIT企業社長である夫に釣り合おうと努力して英語を勉強し実際かなり上手いけど、夫の前では絶対に口にしない。 テレビドラマ『完璧な妻』『ロマンスが必要』『ベビーシッター』や、映画『後宮の秘密 』(2012)・『情愛中毒』(2014)など多くの作品に出演しています。 男女の激しい愛憎劇を描いた『情愛中毒』で韓国映画評論家協会で助演女優賞を受賞し、この演技がポン・ジュノ監督の目に留まり、パラサイトへのキャスティングに繋がったそうです。 モデル出身と聞いて納得の美貌とスタイルです! チョン・ジソ (娘パク・ダヘ役) 『パラサイト 半地下の家族』のネタバレじゃないネタバレをひとつすると、金持ちの娘役のチョン・ジソちゃんがめちゃくちゃ可愛いです。 本田望結ちゃんぽさある — 🐦なげき🐦 nagekinoumi チョン・ジソ(1999年9月17日生まれ:20歳)は、13歳から子役デビューし、主にテレビドラマで活躍している韓国女優です。 2012年にテレビドラマ『メイクイーン』で子役デビュー後、『ジキルとハイドに恋した私 』『W 君と僕の世界」など多数のTVドラマに出演し、韓国映画『隻眼の虎』(2015)にも出演しています。 小学2年生から中学1年生までフィギュアスケート選手として活動し、乗馬や歌、ダンスも得意ということなので、私生活でも裕福な家庭なのかもしれません。 パラサイトを観た人は、「ダヘ(チョン・ジソ)がとにかく可愛い!」とメロメロ多数です。 これからの活躍が期待されますね。 『あなたはひどいです』(2017)・『七日の王妃』(2017)・『波よ波よ~愛を奏でるハーモニー~』(2018)など多数のテレビドラマに子役で出演していますが、パラサイトが初の映画出演かどうかは調べても分かりませんでした。 パク・ソジュンとチェ・ウシク(ギウ役)はプライベートでも交流があり、頻繁に会ったり一緒に旅行に行くほど仲が良いそうです。 韓国で2020年7月公開のパク・ソジュンの主演映画『使者(原題)』には、チェ・ウシクが特別出演することも決まっており、お互いに「切っても切れない家族のような存在」とまで言っています。 ポン・ジュノ監督も、「パク・ソジュンには独自の存在感があり、キャスティングして本当によかった。 」と満足しているそうです。 パラサイト(韓国映画)の監督・脚本は誰? 『パラサイト 半地下の家族』試写会、最初から最後まで予想路線全裏切りしてくる、何処を切ってもネタバレになる超絶練り混みシナリオだったんですけど、 上映終わってからポン・ジュノ監督本人が出てくるとか予測出来ないわwww — いちごま 1214塚口 ichigoma0226 韓国映画『パラサイト半地下の家族』の監督は、韓国を代表する映画監督ポン・ジュノ(1969年9月14日生まれ:50歳)です。 本作品は、脚本もポン・ジュノが手がけています。 ポン・ジュノは、2000年『吠える犬は噛まない』で長編映画監督デビューを果たし、2003年『殺人の追憶』2006年『グエムル漢江の怪物』が韓国内で大ヒットし、韓国を代表する若手監督と評価されるようになりました。 その後『母なる証明』(2009年)や 『スノーピアサー』(2013年)など世界的ヒット映画も多く生み出し、国際的に高評価を得ています。 先行上映用映像が上映前にあり、監督と出演者から「とにかくネタバレ厳禁」と念押しされたのが納得。 ぜひ観てほしい! — AYA. T ayat0926 韓国映画『パラサイト半地下の家族』キャストの役名一覧・相関図や、年齢・出演作品などをお伝えしました。 全員が韓国人俳優で、すでに高い評価を得ているキャスト・これからすごく成長しそうなキャスト、様々でしたね。 『パラサイト』が韓国国内だけで無く、これほどまで国際的評価を受けるとは思っていなかったキャストもいるのではないでしょうか? 韓国映画『パラサイト半地下の家族』の全キャストは、今後ドラマや映画でひっぱりだこになること間違いないでしょうね。

次の