昇進祝い メール 英語。 昇進のお祝い: ビジネス英語

昇進のお祝い: ビジネス英語

昇進祝い メール 英語

おめでとうは、congratulations 複数形)という表現が最も一般的だが、2つ目の例文のように 単数形で Please accept my congratulation on... のような使い方をすることもある。 昇進は promotion to... というフレーズで良いだろうが、be promoted to... という形でも良いだろう。 また、2つ目の例文のように it is with pleasure や it is a pleasure などでスタートする文章で お祝いの言葉を述べるスタイルも良く見かける。 さらに、please accept my our best wishes for your success というフレーズも覚えておくと便利でしょう。 Dear... It was with great pleasure that I learned your promotion to the position of General Manager with ABC Corporation. Your firm has made a very wise choice, and I am sure that you will excel in your new role as General Manager. Please accept my congratulation on your promotion and my very best wishes for your continuing success.

次の

英語メールテンプレート文例集

昇進祝い メール 英語

おめでとうは、congratulations 複数形)という表現が最も一般的だが、2つ目の例文のように 単数形で Please accept my congratulation on... のような使い方をすることもある。 昇進は promotion to... というフレーズで良いだろうが、be promoted to... という形でも良いだろう。 また、2つ目の例文のように it is with pleasure や it is a pleasure などでスタートする文章で お祝いの言葉を述べるスタイルも良く見かける。 さらに、please accept my our best wishes for your success というフレーズも覚えておくと便利でしょう。 Dear... It was with great pleasure that I learned your promotion to the position of General Manager with ABC Corporation. Your firm has made a very wise choice, and I am sure that you will excel in your new role as General Manager. Please accept my congratulation on your promotion and my very best wishes for your continuing success.

次の

昇進のお祝い

昇進祝い メール 英語

〇〇です。 この度は部長へのご昇進、誠におめでとうございます。 入社して早々取引先とトラブルがあり、私一人ではどうにもならないと悲観的になっていた時にアドバイスをいただき行動を起こしてみた結果、大事に至らずにすみました。 その経験があったからこそ、現在チームリーダーとして自ら進んで行動に移す大切さを実感しております。 課長からのアドバイスに今でも感謝の気持ちでいっぱいです。 取り急ぎ、メールにてお祝い申し上げます。 なによりもまずは昇進祝いの言葉を率直に伝えます。 今でこそ笑い話になる失敗談や、第三者を交えての賛辞も心に響きます。 普段は口に出して言いづらい昇進祝いの言葉を伝えるのも良いでしょう。 〇〇様の人望、これまでのご経験や実績の賜物によるものと改めて敬服いたします。 今後は一層の重責を担われる事になりますが、くれぐれもご自愛の上、存分のご活躍をされますようお祈り申し上げます。 「平素はひとかたならぬ御愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。 」 「日頃は格別のお引き立てをいただき、ありがたく御礼申し上げます。 」など使い分けましょう。 親しい関係ですと砕けた文書となりがちですが、ビジネス文書ですので相手企業側から見ても失礼ではない程度に配慮してください。 」という気持ちを例文を使いながら短文でまとめます。 昇進・昇格が決まった日、遅くとも翌日までには送りたいものです。 いつまでに送るものという明確な期日はありませんが、昇進祝いの言葉はなるべく早いうちに伝える方が新鮮です。 時間帯は上司のタイプにもよりますが、退社前か早朝の業務時間外に送る方がマナーとしては良いようです。 その他、自分が出張や休暇などで耳に入るのが遅れたというケースもあります。 余りにも日が経ちすぎると、お祝いだとしても却って失礼に当たるようですが、数日ほどでしたら当日に昇進祝いメールを送りましょう。 「本日〇〇より戻りました。 遅ればせながらお祝い申し上げます」「〇日間、休暇をいただいておりました。 改めて部長昇進おめでとうございます」などの例文を添えるようにしましょう。 お祝いの文書では、忌み(いみ)言葉の中でも、縁起の悪さを連想させるような言葉は好ましくありません。 例文に入っていたとしても、使わないようにしましょう。 普段では何気なく使っている言葉が数多くありますが、昇進祝いのメールではタブーです。 文章にすると自然にも思えるのですが、散る・終わる・失うなどは縁起が良くないとしてメールでは使われません。 これらの言葉を使わないよう意識することで、無意識のうちに相手に不満を持たせてしまうということも防げます。 〇〇です。 この度の、課長着任の昇進祝いのメールをいただき誠にありがとうございます。 まだまだ未熟ではございますが、ご期待に沿うべく一層励んでまいる所存です。 「部長が仰った、会社で通用する人材になるのではなく、社会で人のためになるように生きなさいという言葉はいつまでも私の指針となっております」「営業成績が〇〇%上昇したのも、顧客に媚びるのではなく、自信を持ってご紹介をするよう部長からアドバイスをいただいたおかげです」など、具体例を交えると心が伝わりますね。 〇〇株式会社 〇〇部〇〇様 平素は格別のお引き立てをいただき、厚く御礼申し上げます。 就任に対しては、着任に置き換えます。

次の