児島 ボート。 ボートレース【競艇】児島ボート 名物実況アナ 椛島 健一氏とは

児島テレポイント倶楽部

児島 ボート

児島競艇場の水面特徴 児島競艇場は1コースの1着率が大村競艇場に次ぐ高い数字 ボートレース児島(児島競艇場)は、、、、と並んで、瀬戸内海の海水を利用した水面で、潮の干満によりレースの傾向が変わります。 潮の干満は2~3mになります。 満潮時は水面のうねりの影響が出るが、干潮時には逆に穏やかな水面になります。 満潮時は水面のうねりの影響により、ターン時に艇がバタつきやすくなります。 センターからのまくりが大きく流れるケースがあるので、満潮時には、1コースからの逃げが特に有利と言われています。 勝率は、どの季節であっても50%を超えてきます。 全国一1コースの勝率が高いに次ぐような勝率です。 児島競艇場は3コース、4コースの動き方がひとつのポイント 干潮時には一転して、穏やかな水面状況になり、まくりなどのスピードを活かしたターンが決まりだすと言われていますが、正確にはまくりではなく「まくり差し」が決まりやすくなります。 ボートレース児島(児島競艇場)の3コース、4コースの勝率は、他の競艇場に比べてもそこまで悪い成績ではありません。 しかし現実的には満潮時であろうが干潮時であろうが、全艇同時スタートになった時に3コース、4コースの艇が1コースのイン逃げを被せるような全速まくりを選択してしまうと、ほぼ連に絡んできません。 3コース、4コースからまくり差しを選択できる選手であれば1周1マークを旋回した後は、かなりの高確率で1着争い、2着争いに絡んできます。 そのため全速ターンを売りにしているような若手の選手は、苦戦を強いられます。 ボートレース児島(児島競艇場)の場合、「差し」を選択できるような操艇技術も求められてきます。 児島競艇場は、体重差があまり影響しない ボートレース児島(児島競艇場)は、海水の濃度が濃いためか他の競走場に比べて、体重差による優劣が出にくいと言われています。 海水が及ぼす影響に関しては、を参照ください。 ボートレース児島(児島競艇場)の競走水面は、海水で潮の満ち引きがスタートやターンといった部分でレースに影響を与えるのでボートレース児島HPには 潮汐表があります。 ボートレース児島(児島競艇場)の潮汐表に関してはを参照ください。 引用元:ボートレース児島HP 児島競艇場のコース別データ 引用元:boat race official HP ボートレース児島(児島競艇場)は、潮の満ち引きがレースに影響を与えるからかわかりませんが、他の競艇場に比べてセンターコースの頑張りが垣間見えるようなデータです。 しかし水面特徴でも述べましたが、1コースの1着率は50%を超えてくるので10レース中、半分のレースで1着が1コースというデータになります。 更に1コースの連対率もかなり高く、ボートレース児島(児島競艇場)においての予想では1コースに入るであろう艇を予想から外す事は、なかなかできないと思います。 児島競艇場のモーター情報 2010年1月9日からの開催より、大型吸気サイレンサー付きの減音モーターを採用しています。 ボートレース児島(児島競艇場)のモーター交換時期は1月になります。 1月よりも以前であれば、データはかなり重要度が高いですが、1月以降の2月や3月であれば、まだデータも定まっていませんので要注意です。 *上記リンクは外部リンクです。 まとめ ボートレース児島(児島競艇場)は、選手時代にボートレース児島(児島競艇場)をホームプールとしていた元日本モーターボート選手会会長でもあった黒明良光(選手登録番号 2090)が実況放送のスタート展示・リプレイ解説を担当している事で有名です。 実際の選手だった方が予想やどの選手が良いという情報を提供してくれる事は、予想をする上では心強い情報です。 ボートレース児島(児島競艇場)は、1コースが予想の軸である事に変わりはありませんが、3コース、4コースに入ってくるであろう選手の実力やタイプによっては、様々な展開のレースになりますので高配当狙いの方でも楽しめる競艇場と言えます。 ボートレース児島(児島競艇場)のレース予想の参考に是非してみてください。

次の

児島競艇場

児島 ボート

恒例のカウンダウン連載第3弾では最も伝統と権威があるSG競走と称される当大会の「歴史」と「名勝負」を紹介する。 【歴史】グレード制やSGが制定される前から続く大会でボートレースで最も古い伝統を持つ。 第1回大会は1953年11月7~10日にボートレース若松で開催された。 優勝者は友永慶近。 優勝選手には優勝旗とダービージャケットが贈られる。 正式名称は第1回大会から「運輸大臣旗争奪 全日本モーターボート選手権競走」だったが、98年の第45回大会(福岡)からは「全日本選手権競走」となった。 2014年の第61回大会(とこなめ)から「ボートレースダービー」の通称が使用されている。 また01年の第48回大会(とこなめ)から優勝旗が「国土交通大臣旗」となった。 開催時期は10~11月が多い。 07年の第54回大会(平和島)から11年の第58回大会(平和島)までは体育の日に優勝戦が行われていた。 12年の第59回大会以降は現行の10月下旬に開催されている。 優勝賞金は今大会から400万円アップして3900万円に。 クラシック、オールスター、メモリアルと同額でグランプリの1億円に次ぐ高額レースとなっている。 【名勝負】08年、ボートレースまるがめで開催された第55回大会の優勝戦では丸岡正典と瓜生正義が、まさに抜きつ抜かれつの壮絶な勝負を繰り広げた。 枠番は(1)丸岡(2)今垣光太郎(3)瓜生(4)石田政吾(5)松本勝也(6)木村光宏。 進入は16/2/345。 1周1Mでは先マイした丸岡の懐を4カドの瓜生がまくり差してバックでへさきをかける。 逆に1周2Mでは先に回った瓜生を丸岡が差してホームでへさきをかける。 2周1Mは再び丸岡が先マイするが瓜生はツケマイでバック並走。 2周2Mで再度、瓜生がツケマイを仕掛けるがホームではやや丸岡が優勢。 3周1Mで瓜生はまたまたツケマイ。 バックでは丸岡が半艇身リード。 最終3周2Mでは瓜生が逆転を狙って渾身の差しに出るがわずかに届かず丸岡がSG初Vをもぎ取った。 その差はわずか0・2秒だった。 その後、丸岡は12年の第59回大会(福岡)で2度目のダービー制覇。 一方、瓜生も10年の第57回大会(桐生)、13年の第60回大会(平和島)、16年の第63回大会(福岡)とダービー3Vをマーク。 両選手ともにダービーの歴史に名前を刻んでいる。

次の

児島競艇場の特徴を検証!満潮・干潮時刻で結果大きく変わる競艇場!?

児島 ボート

ボートレース場• 関東地区• 東海地区• 近畿地区• 四国地区• 中国地区• 九州地区• ボートレースチケットショップ• 北海道・東北地区• 関東甲信越地区• 北陸地区• 東海地区• 近畿地区• 中国地区• 四国地区• 九州・沖縄地区•

次の