モルディヴ ホテル おすすめ。 10万円台から手軽に安く行ける!夢のモルディブ、おすすめリゾートホテル5|エクスペディア

モルディブ旅行 おすすめホテル

モルディヴ ホテル おすすめ

モルディブの場所:インドやスリランカの南西にある諸島国家。 ベストシーズン:モルディブの気候は、大きく乾季と雨季に分かれています。 晴天の中リゾートを楽しむなら、雨の少ない12〜4月の乾季がおすすめ。 5月〜11月の雨季は、1日に数回スコールが降る天気が続きます。 まれに1日中降ることも。 治安:治安は良好。 1人でも街歩きを安心して楽しめます。 ただし、安全だとしても貴重品などの管理には、気を付けて。 首都:首都は「マレ」。 ヴェラナ国際空港のある「フルレ島」の隣、わずか1. 7平方キロメートルの小さな「マレ島」全体が首都マレです。

次の

『JALマイルで憧れのモルディブへ!!! 初めてのビジネスクラスは空飛ぶ五つ星ホテルのよう♪ (CX501,CX601)』アリ環礁(モルディブ)の旅行記・ブログ by igamaruさん【フォートラベル】

モルディヴ ホテル おすすめ

まずは知りたい! モルディブの基礎情報 はスリランカ南西に位置し、インド洋に浮かぶ26の環礁と約1200の島々から成る島国です。 基本的に1島1リゾートというモルディブ独自のスタイルで、ホテル数は約100軒以上。 その一つ一つが特徴や雰囲気が異なり、島の大きさも1周徒歩20分程度の島から2時間かかる大きな島までさまざま。 基本的に移動は水上飛行機やボートを使い、人気の水上コテージなどで非日常的な時間をゆったり過ごせる新婚旅行・ハネムーンに人気のリゾートです。 4月が最も暑く、12月が最も涼しくなりますが、1年を通して気候の変化は少なく、平均気温は29~32度。 12月~4月の乾季と7~9月の雨季があるものの、雨季といっても日本の梅雨のように一日中雨が降ることはほとんどなく、湿度が高くなりスコールが多くなる程度。 イスラム教が国教でもあるモルディブでは、イスラム暦の第9月にあたる月にラマダンが1カ月間ほど行われます(2017年は5月27日~6月25日)。 ラマダン中のイスラム教徒は日の出から日の入りまで全ての飲食・喫煙が禁じられ、首都マレやローカル島のほとんどのレストランやカフェは日中閉まります。 観光エリアで営業しているレストランを予約するか、お弁当を手に入れておくなどして、ランチを確保しておくとよいでしょう。 また、交通手段のフェリーも日の入りのお祈り時間(18時前後)には30分~1時間ほど運航がストップするので注意が必要です。 【言語】公用語はディベヒ語。 リゾート内やマーレ島のお土産屋、空港などでは英語が一般的に通じます。 【通貨】通貨単位はモルディブルフィア(Rf)とラーリ(La)ですが、リゾート内やマーレ島のお土産屋、レストラン、空港などではUSドルが一般 的に使用されています。 モルディブではウエイターやポーターにチップを渡すのが一般的。 ただし、レストランでは濡れたままの水着や上半身裸などはマナー違反になるので羽織りものを用意しておきましょう。 また、レストランによってはドレスコードがある店もあるので、女性はサンドレスやワンピース、男性は襟付きのシャツ(アロハなど)に長いズボンなどを用意しておくと安心。 滞在期間中は食事もホテル内の場合が多く、食事の他に飲み物や一部のオプショナルツアー等が宿泊代金に含まれている「オールインクルーシブプラン」の内容によって滞在費用などが大きく変わってくるのが特徴的。 旅費のほかにかかる費用として、マリンアクティビティやお土産などふたりで10~20万円ほどかけている人が多いよう。 挙式と新婚旅行・ハネムーンすべて合わせると、 総費用140~275万円程度。 チップなども考慮して、少し多めの予算を立てておくと安心です。

次の

モルディブ旅行 おすすめホテル

モルディヴ ホテル おすすめ

インド洋に浮かぶモルディブというと、水上ヴィラのある高級リゾートのイメージが強く、ハネムーンで行くような夢の旅先だと思われがち。 確かにハイクラスなリゾートになると、4泊6日で1人50万円を超えてしまうところもありますが、なかには4泊6日で1人10~15万円といったリーズナブルなリゾートも少なくありません。 モルディブのリゾートは、どこも真っ白なビーチとクリスタルブルーの海に囲まれた小さな島に造られています。 リーズナブルなリゾートでも、高級リゾートと変わりない美しい自然に囲まれており、逆に高級リゾートといえども、施設の良さだけに目を奪われていると肝心なビーチや海がイマイチ・・・なんてこともありえます。 そこで今回は、人気のモルディブで、安くてもすべてを忘れてリラックスできるおすすめリゾートを紹介していきましょう。 抜群のハウスリーフに囲まれた海の楽園 ビヤドゥ・アイランドリゾート 空港からボートで約50分のところに位置するは、ヤシの木が覆いつくす緑豊かな島に造られています。 一周歩いて回って15分ほどという小さな島に、2階建ての客室棟が並んでいます。 客室やリゾート施設はシンプルですが、この島のポイントはとにかく周辺の海がきれい! ビーチからちょっと泳いだだけで、見事なサンゴ礁に囲まれ、何時間も夢中になってスノーケリングを楽しめます。 島の周りを囲むサンゴ礁をモルディブではハウスリーフと呼ぶのですが、このハウスリーフを目当てに、欧米のダイバーがたくさん訪れます。 夢の水上コテージもリーズナブル! サン・アイランド・リゾート&スパ 空港から国内線に乗ってアクセスするは、モルディブでは比較的大きな島に造られたリゾートです。 大きなプールや優美なスパ、各種アクティビティセンターが揃い、あらゆる層のゲストを満足させます。 この島は遠浅のラグーンに囲まれているため、手軽にスノーケリングとはいきませんが、太陽の光を浴びて輝くラグーンの眺めはまた格別です。 ハネムーンではないけど水上コテージに泊まってみたいという人には、比較的リーズナブルに泊まれるサン・アイランドの水上コテージはおすすめです。 ロマンティックな風景に包まれ、モルディブに来てよかったと心から思う瞬間が訪れます。 話題のオールインクルーシブで楽しめる! アダーラン クラブ ランナリ 空港からボートで約45分のところにあるは、手つかずのサンゴ礁に囲まれた美しい島。 周辺にリゾート島がないせいか、海の透明度は群を抜いています。 のんびりとした雰囲気が漂うナチュラルなリゾートですが、最大の魅力はオールインクルーシブ・システムを採用しているという点です。 3度の食事はもちろん、食事中のソフトドリンクやアルコール(ビールやハウスワインなど指定あり)、さらに日中にバーなどで提供されるケーキやスナック、ドリンクなどが宿泊料金に含まれており、お財布を気にすることなく自由に楽しめます。 リゾートではついついお酒に手が伸びてしまいますが、これなら最終日のお会計を気にしなくてすみますね。 安心のインターナショナルブランドも! シェラトン・モルディブ・フルムーン・リゾート&スパ 旅慣れていない人は安心のホテルブランドを選ぶのもおすすめです。 まだ少ないとはいえ、モルディブにもインターナショナルブランドのホテルが増えてきています。 なかでもは空港から近く、施設が充実しているためファミリー層にも人気があります。 サービスのスタンダードも高く、さすがシェラトンという安心感があります。 島は遠浅のラグーンに囲まれていて、マリンスポーツが盛ん。 さらに島に寄り添うように浮かぶ小さな島にスパ施設があり、日々の疲れからとことん解放されたい人にもおすすめです。 ファミリーはもちろん、アクティブにモルディブの海を楽しみたい人にも、リラックスしてのんびり過ごしたい人にもうってつけな、オールマイティなリゾートです。 ローカル体験も楽しめる注目のスタイル ゲストハウスに泊まる リーズナブルにすませたいなら、ゲストハウスもおすすめです。 モルディブのリゾートはひとつの島を丸々独占してひとつのリゾートを造る「1島1リゾート」スタイルが基本ですが、ゲストハウスは一般のモルディブ人が住むローカル島に造られています。 シンプルな民宿タイプの宿とはいえ、しゃれた雰囲気のゲストハウスも少なくありません。 もちろんモルディブですから、ビーチや周辺の海の美しさはリゾートと何も変わりません。 ゲストハウスの特徴は、格安の料金設定はもちろんですが、一般のリゾートと異なりローカル島にあるため、地元の人々と触れ合えるのが最大の魅力です。 ときには地元の人にローカル料理を教えてもらったり、釣りに連れていってもらったり。 そんなハートフルな体験ができるのが魅力です。 難点はイスラム教国のモル ディブなので、ローカル島ではお酒が飲めないこと。 でも通常、バーを利用するために近くのリゾート島までボートを出してくれるのでご安心ください。

次の