電線 ハーネス。 ワイヤーハーネスとは? 車の起動に欠かせない部品の役割と今後の需要|工場タイムズ

ワイヤーハーネスの大学

電線 ハーネス

概要 [ ] ワイヤーハーネスは、狭義には複数の電線を結束帯やチューブ、粘着テープなどでまとめ、端部に複数の電線を一度に接続できる多芯を取り付けた物で、組み込まれる機械に固定するフックなどを備える場合も多い。 まとめられていない電線の束にくらべると、機械の組立工程を簡略化できるだけでなく、電線の束が占める空間を小さくしたり、振動による擦れ合いを小さくできる。 電線の被覆や保護具にを用いることで火災時に延焼する危険性を低減できる。 広義のワイヤーハーネスは特に自動車を除く用途において、汎用ケーブルでは長さ・機能・コストなどに不都合があると考えられるときに特定用途に対して製作される多芯ケーブル、まとめられていない電線を指すこともある。 、、各種製造装置用途では、コネクタ、電線、端子類に、類で名前をつけて設置作業現場での誤配線を防止するとともに、メンテナンス作業を効率化している。 多種多様で自動化による生産に不向きなため、手作業で生産されている。 構成部品 [ ] 電線 [ ] 使用する電線には、電流や周波数特性といった必要な電気特性が求められ、周囲への電磁気的なリーク防止や電線同士や周囲への短絡の危険性も最小限にする必要がある。 一般的には、銅合金製の複数素線に耐摩耗性が高い絶縁体を被覆している。 このような電線被覆材料には、一般的にが使われているが、・機器ではで指定される物質を含まないもの、自動車ではにより前記に加えてを含有しない被覆を用いる様になっている。 通電電流、印加電圧に対して電線の太さが決定される。 日本の自動車向けではJASOに準じたサイズが主流である。 素線構成は、一般構成のものの他に、屈曲耐久性能に優れた構成のものがある。 エンジンルーム等の高熱部分には、耐熱性能に優れた被覆を用いる。 微弱電流の回路など外来ノイズの影響を受けやすい線路には、またはあるいはその両方が施されることが一般的である。 電線色は、主にメーカーの生産性で決定されることが多いが、でガイドライン指示されているものもある。 回路では白地に黒ストライプが主流である。 また、自動車や航空機のような搭載電子機器の増加に合わせて必要な信号線の数が増えたため、デジタル信号による多重化された信号をわずかな本数の線で送るようになると、ワイヤーハーネス内の電線も少なくなる傾向がある。 光ファイバー線を電線とは別に配線する場合や、電線と同様に光ファイバー線もワイヤーハーネス内に含む場合がある (詳細は、の項を参照のこと)。 コネクタ [ ] 各電線の両端にあって適切な回路へ電気を伝えると同時に固定する接続部である。 電線と同様に適切な電気特性や安全性などがもとめられる。 コネクタはハウジング内に接続端子を持ち、組み立て時には信号や電力を誤接続しないような形状を備え、また、容易に接続が可能で接続後は振動等では容易に外れず長期間安定的に接続が維持され、修理などの必要に応じて容易に外せることが求められる。 コネクタは初めに電線に接続端子が付けられ、その後、接続端子がハウジングに収納されることが一般的である。 成形・保護具 [ ] コルゲートチューブや樹脂テープなどによって主な電線の束である幹線電線を束ね、プロテクターなどで保護する。 幹線電線から個別の電線が分岐する分岐部では、結束を保つために熱可塑性樹脂などで固定される。 固定具 [ ] 筐体などに固定するためにグロメットやクランプ、クリップと言った固定具が組み込まれることが多い。 固定具と保護具は相互に兼ねることがある。 その他 [ ] 1対1の接続だけ行う配線の他に、3ヶ所以上の機器の端子間を電線で接続したい場合があり、多数の電線を束ねるワイヤーハーネスでは、その途中に中間接続部を設けて複数の電線を相互に接続するジャンクション・ボックス(Junction Box; JB)を持つものがある。 ジャンクション・ボックスは電線同士を接続するため内部に接続端子に電線、またはプリント基板やバスバーなどを収めており、また一部のものは、ヒューズやリレー、サーキットブレーカーまで収めている。 半導体素子などの電子回路を含むものはA-JB Active Junction Box と呼ばれる。 カルテル [ ] メーカーや車種ごとに専門性が高くなる傾向があり、過去には特定の事業者による大規模なが結ばれたケースもあった。 におけるカルテル(反トラスト法違反)の罰金額の最高事例は、自動車用ワイヤーハーネスをめぐるカルテルであり、2011年、日本のとに対して計5億4800万ドルの支払いが命じられたものである。 出典 [ ].

次の

電線業界の動向とランキング、シェア(2019

電線 ハーネス

当社は熟練・優秀な技能者、設備、検査システムにより高品質を維持しております。 当社独自の習熟制度によって認定された技能者が製作にあたります。 また極力人の手が入る工程が少なくなるようできる限り機器設備を導入しております。 製作された製品はある一定の経験を積んだ検査員が当社独自のシステムにより合否の取捨選択を行い、完全な良品だけを出荷致します。 当社はプロパーで使用する部品・部材を在庫しておりますので、短納期に対応可能です。 また製作図面ごとに担当者チームを設定しますので、2回目以降のご注文の場合、より早く製作することができます。 そして常に製作時間の短縮が図れるよう担当チームごとの業務の見直し・改善をルーティンワークに取り入れております。 特殊部材に関しても継続が見込まれるお客様の場合には当社にて受注予測に応じて在庫および管理していきますので、お客様の希望に沿える納期の実現が可能です。 技能者自身が弊社の研修制度および経験を積んでおりますので、製作速度も他社よりも速く、速い分だけ価格を抑えることが可能です。 そして当社の部品・部材の80%を自社調達で大量に仕入れておりますので、他社よりも低価格にて部材を調達しております。 価格については当社内にて作業工程ごとに料金表を作成しておりますので、比較的透明性がありわかりやすい単価でネゴシエーションする手間隙を省略することが可能です。 下記以外にもご要望等ございましたら、遠慮なくご相談下さい。 お客様の条件に極力対応いたします!• 電線・ケーブルの切断およびストリップ• ハンダ加工 コネクタ、プリント基板などのハンダ付け加工• 圧着加工…圧着端子または各種メーカーのコンタクトの自動圧着• マークチューブ…各種サイズ、各種色、各種素材のマークチューブの切断、 マーキング、スリット、収縮その他特殊チューブの製作• アッセンブリー…制御盤内および各動力部のアッセンブリー他 各種電気機器に付随する組立作業基盤製作、組立• その他作業…スリット、ツイスト、結束、絶縁処理、防水処理、防塵処理• 配線工事…現地作業員派遣による機外工事および機内工事• 電線、ケーブルの製作• 工作機械 制御盤内ケーブル、各動力ケーブル• 産業機械 制御盤内ケーブル、各動力ケーブル• PC関連 機器間接続ケーブル、PC及び周辺機器内部ケーブル、液晶ケーブル• 医療機器 レントゲン、カテーテル、介護ベット、マッサージ機• 民生機器 冷蔵庫、テレビ• コンピュータおよび周辺機器 プリンター、機器接続ケーブル• ロボット(製造ライン用ロボット)• 宅配便にて発送 クロネコヤマト、佐川急便• パレットにて発送• チャーター便にて発送• 弊社営業が直接お客様のもとへお届け致します。

次の

ハーネス製作・加工専業のベルデンキ 株式会社ベルデンキ

電線 ハーネス

電気自動車やハイブリッド車の普及など、自動車の性能や利便性が増している近年。 生活者の足として欠かせない自動車において、もっとも重要な部品の一つが「ワイヤーハーネス」と呼ばれるもの。 ご存知でしょうか? 自動車の電源供給や信号通信をつかさどるワイヤーハーネスは、人間の神経や血管に例えられるほど重要なパーツなのです。 ここでは、ワイヤーハーネスの基本的な知識や主な種類、さらには自動車業界におけるワイヤーハーネスの今後の需要について解説します。 ワイヤーハーネスとは? 電気供給のために使用される電線の集合体 ワイヤーハーネスは、 電源供給や信号通信に用いられる複数の電線の束と、端子やコネクタで構成された集合部品です。 自動車の車内配線など、高性能かつ多機能な機械装置の内部に数多く張り巡らされており、ワイヤーハーネスは人間でいえばいわば 神経や血管に相当する非常に重要な部品です。 結束帯やチューブ、粘着テープなどで複数の電線をまとめ、先端に複数の電線を一度に接続できるコネクタが取り付けられています。 自動車に使われるワイヤーハーネスには振動や熱に強い素材が使われおり、近年の電動化によって大熱量に対応できる製品が開発されています。 バラけた電線を使わずにワイヤーハーネスをまとめることで、組み立て工程の簡略化を実現できるとともに、 配線接続の間違い防止にも役立ちます。 また、かさばりがちな配線類の省スペース化も期待でき、揺れによる配線類の擦れ合いも軽減できます。 自動車内の隅々に配備されている 自動車はボタン1つでさまざまな動作を制御しています。 エンジンはもちろんのこと、エアコン、ルームランプ、カーナビ、エアバック、さらには後部座席でのTVやDVD観賞など近年の自動車は多機能化がますます進んでいるため、それに伴い自動車に搭載される電気や配線の量が増大しています。 また機能性・利便性の向上を図るため、数多くの電気・電子機器が使われている自動車ではそうした機器間の接続に高性能なワイヤーハーネスが必要不可欠になっています。 実際に自動車のボンネットを開けてみると、エンジンやその他周辺機器をつなぐワイヤーハーネスが多数張り巡らされています。 もちろん床下やドア部分など、その他の車体内部にもワイヤーハーネスはたくさん使われており、まさに神経や血管のように車体内部を走り渡る姿はその重要性を示しています。 また他方で、自動車に対する安全性、環境配慮、低燃費性などへの要求が年々高まっており、メーカー各社はさまざまな研究開発を重ね性能向上に努めています。 1台の自動車で500~1500本、25キログラム使用されると言われるワイヤーハーネスも、環境面への配慮を考える自動車メーカーや部品メーカーを中心に取り組みが推進され、ワイヤーハーネスの耐火や耐油、耐ノイズなど環境に負荷をかけないような機能を持たせています。 ワイヤーハーネスの主な種類 ワイヤーハーネスには用途や性能などによって多くの製品群があります。 ここでは、 「アルミワイヤーハーネス」「電気自動車(EV)用ワイヤーハーネス」「スライドドア用ハーネス」「パイプハーネス」の4つのワイヤーハーネスについて、ご紹介いたします。 アルミワイヤーハーネス アルミワイヤーハーネスは、従来の銅製に比べて40~50%程度軽量と言われます。 またアルミは銅に比べて材料の埋蔵量が豊富なため、希少資源の節約にも貢献します。 埋蔵量が多い分コスト面でも優位性があり、従来製品の半分にできると期待されています。 一方で、今までは銅よりも耐振動性が劣っていたため用途が限られていました。 しかし近年技術開発が進み、熱や振動に耐えられる強度や防食技術が劇的に進化しており、アルミワイヤーハーネスの注目度や需要が増しています。 電気自動車(EV)用ワイヤーハーネス 二酸化炭素削減のため、ハイブリッド車や電気自動車など自動車の電動化が進んでいます。 そうした自動車に搭載するための、高電圧に対応できるワイヤーハーネスのニーズが高まっています。 ハイブリッド車や電気自動車で使われるモーターを駆動する時には大きな電流が必要となり、 その時に発生する電磁波をいかに遮断するかが課題となっています。 電磁波は周辺機器に悪影響を及ぼすので、安全走行を実現するためには遮断する必要があります。 また同時に高耐熱性を実現するワイヤーハーネスの製品開発も進められています。 スライドドア用ハーネス スライドドアハーネスは、ミニバンなどの自動車のスライドドアとボディ間を接続する、常時給電用のものです。 ドアの開閉時にも断線することのない、耐久性と屈曲性の優れたハーネスです。 パイプハーネス パイプハーネスは、床下部に使用される高電圧ハーネスです。 パイプハーネスには、走行中の飛び石などからの保護機能を備えた強度と、周辺機器に電磁ノイズを与えないシールド機能が求められます。 また放熱性に優れ、高温部位でも使用できるのが特徴です。 またこのほかにも、インストルメンタルパネルハーネス、エンジンルームハーネス、ルーフハーネスなど、自動車の各部位にそったさまざまなハーネスがあります。 ワイヤーハーネスの将来性 電気自動車の普及とともに需要の拡大が期待できる ワイヤーハーネスは自動車にとって血管であり神経でもある重要な部品です。 特に、機能性、環境性、安全性、利便性がより一層求められるようになる現代において、その需要はさらに高まるでしょう。 中でも従来のガソリン車よりも環境面に配慮した電気自動車やハイブリッド車の普及は、ワイヤーハーネスの需要を一層刺激すると思われます。 将来的に見ても、自動車の高機能化=エレクトロニクス化の発展は、ワイヤーハーネスの搭載量を拡大させることは確実です。 今後は特に従来の銅製品よりも軽く低コストのアルミワイヤーハーネスなどの重要性が高まることが予想されます。 メーカー各社は電気自動車の普及や自動車の高性能化に合わせ、その課題となる電磁波の遮断や高熱性への対応が、製品開発の大きなテーマとなっていくことでしょう。 自動車性能に合わせ、ワイヤーハーネスを進化させていく必要あり 環境保護やテクノロジーの進化、さらにユーザー嗜好の変化によって、自動車に求められる機能は時代ごとに変化していきます。 同時に、自動車の主要部品であるワイヤーハーネスにもニーズに合わせた進化が必要となってきます。 電気自動車の普及による大電流への対応、資源節約に対するアルミ製品の開発などに象徴されるような変化はもちろんのこと、AI(人工知能)などのテクノロジーの進展や、「保有からシェア」に替わる車の所有形態の変化など、ユーザーの消費行動の変化がワイヤーハーネスに及ぼす影響にも注視すべきでしょう。 ワイヤーハーネスは重要な部品 自動車にとって電気や信号を伝えるための重要な部品であるワイヤーハーネス。 自動車の内部に血管や細胞のように張り巡らされるワイヤーハーネスこそが、さまざまな機能を制御している重要な部品であることをこの記事でお伝えしてきました。 またワイヤーハーネスには、従来式の銅製品だけでなく、近年の技術開発によってアルミ製品が普及し、今後は電気自動車やハイブリッド車の普及に伴いさらなる需要が見込まれます。 テクノロジーの進展や消費者マインドの移り変わりによって、ワイヤーハーネスを取り巻く環境もより一層変化が進むでしょう。 それと同時に、電動化にともなう課題(電磁波の遮断、耐高熱、軽量化、コストなど)も解決しなくてはなりません。 メーカー各社は、高まる需要に応えるための、柔軟な対応が求められていきます。 制作:工場タイムズ編集部.

次の