カース オブザ ムーン。 ブラッドステインド 2019年6/18発売! リチュアルオブザナイト スイッチ 発売日 PSVita カースオブザムーン

『Bloodstained: Ritual of the Night』が楽しみな件

カース オブザ ムーン

良いところ ファミコン時代を彷彿とさせる歯ごたえ 「この難しさ、懐かしい!」 本作はステージクリア型の2Dアクションゲームですが、「ベテラン」モードでプレイするとかなり難しく感じます。 キャラクターの攻撃はリーチが短く、ジャンプ時は急な方向転換が不可能。 落ちたら即ミスの穴も多く、敵にぶつかったら少しだけ飛ばされてしまいます。 それでいて回復アイテムの出現率は低く、残り人数が0になったらステージの最初からやり直し。 見た目通りファミコン時代のバランス調整となっていて、歯ごたえはかなりあります。 個人的にはその点が気に入りました! 昔はこのような高難易度の2Dアクションゲームをよくプレイしていたので、本作をプレイしていると懐かしく感じます。 攻撃パターンを暗記しないと勝てないボス戦 本作最大の醍醐味となっているのがステージの最後に潜むボスとの戦闘! ボスの攻撃は激しく、ゴリ押しをしていると大ダメージを受けてすぐに体力が0になってしまいます。 そのため戦いに勝つにはボスの攻撃パターンを覚えなければならず、ヒット&アウェイ戦法を取らないといけないんです。 最初は苦戦するかも知れませんが、何度も負けながら攻撃パターンを覚え、戦いに勝った時の達成感は大きく感じます。 多くのボスは倒したと思っても最後の力を振り絞って大技を放つから油断は禁物ですぞ! 武器を使い分ける楽しさ 操作キャラクターは大きく分けて2種類の攻撃技を持っています。 1つは通常攻撃。 もう1つはポイントを消費しての特殊攻撃。 ポイントを消費しての特殊攻撃はいずれも強力なんですが、使用出来る回数には限りがあります。 だからこそやりくりする楽しさがあってゲームをより面白くしていました。 「雑魚キャラにも惜しみなく使用するか?ボス戦まで取っておくか?」 そんな選択を迫られるようなゲームデザインになっています。 キャラクターを切り替えて戦う楽しさ ゲームを進めると最大4人のキャラクターを切り替えながらプレイすることが出来ます。 それぞれに得意不得意が存在し、攻撃技や運動能力に性能差があるので状況に応じて切り替える楽しさを感じられました。 あるキャラクターでボス戦に挑むと苦戦するかも知れませんが、別のキャラクターだとアッサリ勝ててしまうかも!? また、各ステージには特定のキャラクターでしか進めないショートカットポイントが存在するので、沢山の仲間を生存させていればいるほど有利に進めることが出来ます。 新作のファミコンゲームと錯覚するほどの再現度 本作のグラフィックは8bit調で、ファミコン時代のゲームを彷彿とさせます。 その再現度の高さは並大抵の物ではなく、本当に「ブラッドステインド:カース・オブ・ザ・ムーン」という新作のファミコンソフトが存在するかのよう。 そう感じるのはグラフィックだけではなく、 BGMも8bit調だからです。 当時のゲームを彷彿とさせるようなメロディアスな曲が多く、つい口ずさみたくなってしまうほど。 どうやらFC「悪魔城伝説」を意識して作っているようですが、開発がインティ・クリエイツということもあって個人的には「ロックマン」シリーズを思い浮かべました。 ボスの攻撃パターンを読み取って戦うところはもちろん、大量の落とし穴や敵が配置されたステージ構成がいかにも「ロックマン」っぽいんです。 例えば終盤のステージで見られた時間経過で足場の位置が切り替わる仕掛け。 これってまんま「ロックマン」じゃないですか!w よく考えたらステージの構成が分かるワールドマップも「ロックマン」シリーズのワイリーステージっぽいですし、インティ・クリエイツの色はかなり強く出ているように感じます。 幅広い難易度調整 「難しいゲームは苦手なんだよなぁ・・・。 」 そんな方に向けて本作は幅広い難易度調整がなされています! 実は、ここまで触れていた難易度って「ベテラン」モードでの話なんですよ。 それとは別に難易度「カジュアル」が存在して、そちらでプレイすると別ゲーと言っても良いくらい印象が変わります。 難易度「カジュアル」の主な特徴は以下の通り。 残り人数が無限になり、倒れても近くのチェックポイントから再開出来る。 攻撃を受けても吹っ飛ばなくなる。 回復アイテムの出現率がアップする。 WEAPONの最大値が倍増する。 特に大きな変更が、 攻撃を受けても吹っ飛ばなくなること。 本作は落下するとミスになる穴が非常に多いんですが、そんな場所に限って敵が嫌らしい攻撃をしてきます。 そのため敵の攻撃を受けてのミスよりも落下によるミスの方が多いので、攻撃を受けても吹っ飛ばなくなると難易度が大幅に低下するんです。 難易度の変更はゲーム開始時、セーブデータのロード時、ゲームオーバー時に切り替えられます。 「ベテラン」モードでクリアしたからと言ってトロフィーや実績が貰える訳ではないので、普通の人は「カジュアル」がおすすめです(個人的には「ベテラン」の方が好きですが)。 リプレイ性が高い 1周クリアまでのプレイタイムは2時間程度で、2010年代後半のゲームにしてはかなり短く感じます。 ですが、様々な要素によって周回プレイ前提の作りになっていました! 周回プレイである要因を箇条書きで挙げさせて頂きますと・・・• マルチエンディングを採用。 ステージ毎に細かい分岐が存在する。 新ストーリーを楽しめる隠しモードが存在する。 こんな感じになります。 ストーリーはプレイヤーの行動次第で変化していき、ステージにも細かい分岐が存在するので、周回プレイをしてもある程度は新鮮に楽しめるんですよ。 さらにストーリーや使用出来るキャラクターが変更された隠しモードも存在するので、僕は合計で 5周もプレイしてしまいました! ここまでプレイするとさすがに飽きてしまいますが、ここまで同じゲームを何周も楽しんだのは久しぶりですw スポンサーリンク 個人的に合わない&気になったところ 頻繁に落下ミスが発生する 難易度ベテラン限定ですが、 このゲーム、落下ミス率があまりにも多いです! 前述の通り本作は落ちると即ミスになる穴が多いんですが、そういうエリアに限って敵が積極的に攻撃してくるんですよ。 難易度ベテランだとダメージを受けた時に吹っ飛んでしまうので、何度落下ミスをしたことか。 この手の現象は「ロックマン」シリーズでも見られますが、今作はあまりにも多く、理不尽に感じることがありました。 だったら大人しくカジュアルモードでプレイしろよ! なんて言われそうですが、 ベテランモードの高い難易度が好きだから変えたくないんですよ!w アンバランスなパーティシステム 特定のキャラクターが倒れてしまうとチェックポイントに戻され、残りのキャラクターで進めていくことになります。 そして全員のキャラクターが倒れることで初めて残り人数が1人減るようになっているんですが、 アンバランスな調整だと思いました。 本作は「」の前日譚になりますが、そちらの期待度も高まるほどの完成度です。 これは本編も買うしかありません! 前日譚でありながらも幅広い層が楽しめる良質なファミコン風ゲーム! こんな人には特におススメ。 ・レトロゲーム好き。 ・ステージクリア型2Dアクションゲーム好き。 こんな人にはおススメできない。 ・2Dアクションゲームが苦手な人。

次の

『Bloodstained: Ritual of the Night』が楽しみな件

カース オブザ ムーン

「Bloodstained: Ritual of the Night」について 「Bloodstained:Ritual of the Night」先行して2018年5月24日に配信された『ブラッドステインド:カース・オブ・ザ・ムーン』(Bloodstained: Curse of the moon)の10年後が舞台。 五十嵐孝司氏による「IGAVANIA」(探索型横スクロールアクション)。 数多くの武器や装備品、多数のスキルを身につけ、広大な城を探索するアクションゲーム。 ストーリー 18世紀のイギリス。 錬金術ギルドは、科学の進歩により、自分たちだけが持つ利益を失うことを恐れ、暴走。 身よりの無い子供たちを集め、魔力と融合する魔道人間を作り、それらを生贄にこの世に地獄の召喚を試みる。 実験は成功するものの、その1年後ギルドは突如壊滅する。 それから10年の時が流れ、その跡地に巨大な魔力と共にまがまがしい城が現れる。 集められた子供のひとりが本作の主人公である、ミリアム。 幼い頃、錬金術によって秘術をその身体に施された子供のひとり。 秘術の影響で10年間昏睡(時が止まった)状態であり、そのため地獄召喚の儀式には駆り出されなかった。 錬金術師の呪いによって傷つけられ、体がゆっくりと結晶化されていく運命を背負う。 そして、城の主人は身も心も結晶化してしまい、もはや血肉といえる部分がほとんど残っていないかつてのミリアムの友であるゲベル。 ミリアムは、自分自身、そして全人類を救うため、ゲベルに召喚された悪魔どもがはびこる城を舞台に戦う。 プレイアブルキャラクター ジーベル(CV:白川周作) かつて地獄召喚の生贄とされ、唯一生き残った男。 仲間と自分の復讐のためギルドを滅亡させる。 復讐は果たされるが、同時に自分が人でないことを理解し、この世に自分の居場所を作る為に地獄から城を呼び出す。 本当はミリアムの居場所を作る為に城を構築しているのだが、結晶の侵食により当初の目的を忘れている。 城を起点にこの世に地獄を侵食させようとしている。 悪魔の力を取り込んだ結晶に侵食されており、身体の半分は結晶化している。 人類への復讐とミリアムの同胞化をたくらむ。 ヨハネス(CV:興津和幸) 滅んだ錬金術ギルドの錬金術師。 ジーベルの親友。 組織が地獄を呼び出すことに反対した唯一の錬金術師。 この2つの理由で、生き延びた。 自分たちが犯した過ちの懺悔と、ジーベルを止めたい気持ちから、研究を続けている。 出現した城を地獄へ戻すための錬成式と理論を構築している。 ミリアムの結晶の進行を止めているのは彼の術式。 このタイミングでミリアムが起きた事が、地獄の城と連動していることを薄々分かっている。 楽天家に見えるが、内心は直情的でおよそ研究家に向かない情に厚い男。 ドミニク(CV:水橋かおり) 謎の男(CV:置鮎龍太郎) アルフレッド(CV:楠大典) グレモリー(CV:後藤沙緒里) アン(CV:鬼頭明里) ゲームシステム 魔力錬成結晶システム 敵を倒すと得られる特殊な魔力をクリスタル状に錬成して、プレイヤーの技に変換する秘術。 簡単に言うと、敵の技を身に付けることができる。 敵を倒す事で、素材等アイテムがドロップする• 低確率で「シャード」という、輝いているクリスタルが出現し、取り込める。 シャードは、ドロップした敵特有の攻撃魔法。 ほぼすべての敵がシャードをドロップする。 すべての敵に、それぞれ特有の魔法が存在する。 これを集めることで、ゲームを有利に進められるだろう。 「Bloodstained: Ritual of the Night」の掲示板• 「Bloodstained: Ritual of the Night」製品情報.

次の

【Bloodstained: Curse of the Moon攻略】トゥルーエンドを含む全ルートの分岐方法を解説《ネタバレ注意》

カース オブザ ムーン

「Bloodstained: Ritual of the Night」について 「Bloodstained:Ritual of the Night」先行して2018年5月24日に配信された『ブラッドステインド:カース・オブ・ザ・ムーン』(Bloodstained: Curse of the moon)の10年後が舞台。 五十嵐孝司氏による「IGAVANIA」(探索型横スクロールアクション)。 数多くの武器や装備品、多数のスキルを身につけ、広大な城を探索するアクションゲーム。 ストーリー 18世紀のイギリス。 錬金術ギルドは、科学の進歩により、自分たちだけが持つ利益を失うことを恐れ、暴走。 身よりの無い子供たちを集め、魔力と融合する魔道人間を作り、それらを生贄にこの世に地獄の召喚を試みる。 実験は成功するものの、その1年後ギルドは突如壊滅する。 それから10年の時が流れ、その跡地に巨大な魔力と共にまがまがしい城が現れる。 集められた子供のひとりが本作の主人公である、ミリアム。 幼い頃、錬金術によって秘術をその身体に施された子供のひとり。 秘術の影響で10年間昏睡(時が止まった)状態であり、そのため地獄召喚の儀式には駆り出されなかった。 錬金術師の呪いによって傷つけられ、体がゆっくりと結晶化されていく運命を背負う。 そして、城の主人は身も心も結晶化してしまい、もはや血肉といえる部分がほとんど残っていないかつてのミリアムの友であるゲベル。 ミリアムは、自分自身、そして全人類を救うため、ゲベルに召喚された悪魔どもがはびこる城を舞台に戦う。 プレイアブルキャラクター ジーベル(CV:白川周作) かつて地獄召喚の生贄とされ、唯一生き残った男。 仲間と自分の復讐のためギルドを滅亡させる。 復讐は果たされるが、同時に自分が人でないことを理解し、この世に自分の居場所を作る為に地獄から城を呼び出す。 本当はミリアムの居場所を作る為に城を構築しているのだが、結晶の侵食により当初の目的を忘れている。 城を起点にこの世に地獄を侵食させようとしている。 悪魔の力を取り込んだ結晶に侵食されており、身体の半分は結晶化している。 人類への復讐とミリアムの同胞化をたくらむ。 ヨハネス(CV:興津和幸) 滅んだ錬金術ギルドの錬金術師。 ジーベルの親友。 組織が地獄を呼び出すことに反対した唯一の錬金術師。 この2つの理由で、生き延びた。 自分たちが犯した過ちの懺悔と、ジーベルを止めたい気持ちから、研究を続けている。 出現した城を地獄へ戻すための錬成式と理論を構築している。 ミリアムの結晶の進行を止めているのは彼の術式。 このタイミングでミリアムが起きた事が、地獄の城と連動していることを薄々分かっている。 楽天家に見えるが、内心は直情的でおよそ研究家に向かない情に厚い男。 ドミニク(CV:水橋かおり) 謎の男(CV:置鮎龍太郎) アルフレッド(CV:楠大典) グレモリー(CV:後藤沙緒里) アン(CV:鬼頭明里) ゲームシステム 魔力錬成結晶システム 敵を倒すと得られる特殊な魔力をクリスタル状に錬成して、プレイヤーの技に変換する秘術。 簡単に言うと、敵の技を身に付けることができる。 敵を倒す事で、素材等アイテムがドロップする• 低確率で「シャード」という、輝いているクリスタルが出現し、取り込める。 シャードは、ドロップした敵特有の攻撃魔法。 ほぼすべての敵がシャードをドロップする。 すべての敵に、それぞれ特有の魔法が存在する。 これを集めることで、ゲームを有利に進められるだろう。 「Bloodstained: Ritual of the Night」の掲示板• 「Bloodstained: Ritual of the Night」製品情報.

次の